ゴルフPRESSBACK NUMBER

横峯さくら「毎日、筋肉痛でした」
努力を積み重ね米優勝争い常連に。 

text by

南しずか

南しずかShizuka Minami

PROFILE

photograph byShizuka Minami

posted2018/06/27 07:00

横峯さくら「毎日、筋肉痛でした」努力を積み重ね米優勝争い常連に。<Number Web> photograph by Shizuka Minami

タフさを増した横峯さくら。自身にとって初となるメジャー制覇を狙う。

「もう、毎日、筋肉痛でした」

 体重減少のピーク時より、約5kgの増量に成功した。

 体重を増やすとともに、1月の合宿では身体を鍛え抜いた。

 横峯が拠点とするダラスの冬は氷点下まで気温が下がり、ゴルフ場が閉鎖する。外で練習できないため、お昼休憩以外は、朝から晩までトレーニングとスイング調整に専念した。

 チューブを両足にセットしてカニ歩き、反動をつけずにジャンプ、股関節の可動域を広げるストレッチなど……。

「もう、毎日、筋肉痛でした」

 合宿の成果は「スイングが安定して、飛距離が伸びたこと」で実感できた。

 だが、横峯は満足しなかった。米ツアーで優勝争いするには何か物足りない。

 そこで5月半ばに、もう一段階、スイングに改良を加えた。

“スタンス幅”を変えたのである。

去年のドライバーとスプーンの距離が一緒。

「肩幅と同じぐらいだった足幅を、肩幅より広くしました。その方がスイング時に体重移動せず、ブレないと思ったので」

 まだ2試合しか試していないため、参考程度になるが、去年よりショットの飛距離が約10~15ヤード伸びたのである。

「今のスプーン(3ウッド)と去年のドライバーの飛距離が一緒なんです!」

 だが、短期間でそれだけ飛距離が変わると、コースマネージメントが難しいのではと筆者が指摘した。

「トラックマン(ゴルフ用弾道測定器)があるので大丈夫です」と、横峯が即答した。

【次ページ】 “最高の状態”でメジャー大会に。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

横峯さくら

女子ゴルフの前後のコラム

ページトップ