サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

W杯連勝スタートの初快挙なるか?
西野監督がセネガル戦で目論む策。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/06/24 11:10

W杯連勝スタートの初快挙なるか?西野監督がセネガル戦で目論む策。<Number Web> photograph by Getty Images

前日会見に臨んだ西野朗監督(左)と吉田麻也は落ち着いた表情を見せた。

「自分たちのサッカー」の頃とは違う。

 自分たちの良さを出すことで勝利を引き寄せるのではなく、限られた時間でも良さを出すことで勝利の可能性を広げる、というのが西野監督のスタンスだ。「自分たちのサッカー」がなかば標語のようになっていたブラジルW杯のチームとは、似ているようではっきりとした違いがある。

「セネガルを恐れることはないですし、むしろどうやって相手を抑えるのかを楽しみに考えたい。どう攻略するかというところを、明日見せたい」

 スコアや時間帯に応じて、引き分けも視野に入れるのか。その問いを、63歳の指揮官は明確に否定した。結果的に引き分けになることはあるかもしれないが、引き分けを狙うことはない、との意思表示だ。

「コロンビア戦のハーフタイムにも、選手たちからは引き分けでもいいという声が飛んだ。でも私は、勝たなければいけないし、勝てるゲームだと言って送り出した。

 コロンビア戦の翌日には、2戦目で(決勝トーナメント進出を)決めないといけないと選手たちに伝えている。多少リスクはあっても、最高のポイントを目ざすべき。勝負に賭ける2戦目でなければならない、と思っている」

 コロンビア戦の勝利を、グループリーグ突破へつなげるために。セネガルという難敵と向き合うものの、もっとも重要なのは自分たちがどう戦うのか、なのだ。

日本代表、未来を懸けて。

Sports Graphic Number 954・955・956

日本代表、未来を懸けて。

 

関連記事

BACK 1 2 3
西野朗
大迫勇也
吉田麻也
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ