ワインとシエスタとフットボールとBACK NUMBER

トルシエが脱帽する西野采配。
「柴崎や乾の先発に意志を感じた」 

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph byKaoru Watanabe/JMPA

posted2018/06/24 07:00

トルシエが脱帽する西野采配。「柴崎や乾の先発に意志を感じた」<Number Web> photograph by Kaoru Watanabe/JMPA

コロンビア戦で勝利を掴み取った西野朗監督。セネガル戦でも的確な采配を見せてくれるか。

西野監督はその長所をうまく利用した。

――あなたにとってこの結果は驚きでしたか?

「(少し考えて)正直言って驚きだった。コロンビアは戦闘能力がとても高いチームだ。10人に減ったことは言い訳にはならない。日本が勝ったのは攻撃的なスタイルでボールを保持し続けたからだ。そこに選手たちの経験が生きた。

 ただ、そこに至るまでに日本は、疑心暗鬼と試行錯誤を繰り返した。だがそれも必要なことなのだろう。日本らしくなること、いいプレーをできるか考えることが、成長を促しているのかもしれない。というのも、そうした懸念の末に現れたのが今日の成熟したチームであるからだ。

 日本人は才能に溢れている。能力は高く、素晴らしいサッカーを実践している。私は前からそう言い続けてきた。西野監督はその長所をうまく利用した、ということだ。

 日本語を話すから、選手とのコミュニケーションも容易で、彼らを攻撃的なサッカーへと回帰させた。だから選手たちは、自分たちが拠り所とするところに戻ってプレーすることができた。

 それが西野監督の勝利であり、選手たちの勝利であり、日本サッカーの勝利でもある、ということだ」

――メルシー、フィリップ。

日本代表、未来を懸けて。

Sports Graphic Number 954・955・956

日本代表、未来を懸けて。

 

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
フィリップ・トルシエ
西野朗
柴崎岳
乾貴士
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ