Number PLAYBACKBACK NUMBER

クローゼが語るレバンドフスキの技。
「すべての能力を持つストライカー」 

text by

アレクシス・メヌーゲ

アレクシス・メヌーゲAlexis Menuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/06/18 08:00

クローゼが語るレバンドフスキの技。「すべての能力を持つストライカー」<Number Web> photograph by Getty Images

ダイレクトプレー、裏への抜け出し、ミドルシュート……。点取り屋としての能力をすべて兼ね備えたのがレバンドフスキだ。

ストライカーが今求められていること。

 今、クローゼはヨアヒム・レーブ監督のコーチングスタッフの1人として、ドイツ代表で働いている。指導者になったことで、より深くストライカーについて考えるようになった。

「ドイツ代表のスタッフとして、FWの走るコースをビデオで分析して、いつ・どこに・どう走るべきかをFWたちと話し合っている。レーブ監督は戦術の細かいニュアンスまでこだわっているからだ。

 U-21とU-18以外のアンダー年代の代表でも仕事をしている。あとはW杯で対戦する相手の分析。いつまでドイツ代表の仕事を続けるかは未定だが、将来的に指導者になりたいと考えているんだ。

 ここ10年、15年で、ストライカーの役割は変わってきた。特に攻撃から守備の切り替え。ボールを失ったら戻らなければならない。もはや1人で前に残って、守備に参加しないのはオールドスタイルだ。

 また、ロングボールを放り込むだけのチームも、ほとんどなくなった。丁寧にパスをつなぎ、ポゼッションを大事にする。FWがパスコースをつくらなければならない。つまり攻撃でも、守備でも、より走らなければならなくなったということだ。

 その結果、『偽9番』が戦術のバリエーションのひとつになっている。9番の位置にこだわらず、左右に流れたり、後ろに下がり、パスを受けて味方が使えるスペースを作り出す。9番が動き回って、チーム全体の動きを予測しづらくするんだ。

 ドイツ代表では、このやり方がうまくいってW杯を制した。自分は偽9番というつもりでプレーはしていなかったが、結果的にそういうプレーになっていたと思う。

 攻め方が1つでは読まれてしまう。ロシアW杯でも攻撃のバリエーションの豊富さが鍵になるだろう」

EUROPEAN FOOTBALL MANIACS 2018

Sports Graphic Number 946

EUROPEAN FOOTBALL MANIACS 2018

 

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ミロスラフ・クローゼ
ロベルト・レバンドフスキ
ロシアW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ