Number PLAYBACKBACK NUMBER

クローゼが語るレバンドフスキの技。
「すべての能力を持つストライカー」 

text by

アレクシス・メヌーゲ

アレクシス・メヌーゲAlexis Menuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/06/18 08:00

クローゼが語るレバンドフスキの技。「すべての能力を持つストライカー」<Number Web> photograph by Getty Images

ダイレクトプレー、裏への抜け出し、ミドルシュート……。点取り屋としての能力をすべて兼ね備えたのがレバンドフスキだ。

スポーツ一家で育ったのはおもしろいね。

「自分とレビーを比べて欲しい? うーん、簡単ではないね(笑)。いつだってFWの比較は難しいよ。

 2人ともスポーツ一家で育ったというのは、確かにおもしろい共通点だ。僕の子供時代を振り返ると、スポーツに熱狂する雰囲気が家庭にあった。サッカーのW杯だけでなく、五輪、他スポーツのW杯、テニスのグランドスラム、あらゆる大会をテレビ観戦していた。それもすごく真剣にね。ちなみにポーランド出身という共通点は、あまり気にしたことがない。

 プレーの話をすると、僕たちは2人ともパスを引き出すためによく動くタイプだ。さらにジャンプ力があってヘディングが強い。守備のときにさぼらず、ボールを追い続けることも似ているね。なるべく早くボールを奪い返すことに全力を尽くす。

 レビーがヘディングのゴールが多いのは、ジャンプ力が優れているだけでなく、軌道を読んで正しいタイミングでジャンプできるからだ。相手が飛ぶのが早かったり遅かったりするので、まるでレビーが空中に留まっているように見えることもある」

リーチの長いドリブルも見逃せない。

「あえてドリブルに触れると、その部分では観客を魅了する能力ではないかもしれない。バイエルンのチームメイトのリベリーやロッベンのようにドリブラーという印象はない。でもよく見ると、結構レビーはドリブルで相手を混乱に陥れていることがわかるよ。ファンタスティックなドリブルではないけど、リーチが長く、ボールを取られない。半歩コースをつくって自らシュートを打つこともできるし、相手を引きつけて味方のスペースをつくることもできる。

 ポーランドはW杯の優勝候補ではないが、ユーロ2016ではベスト8に進んでサプライズをもたらした(準々決勝でポルトガルにPK戦の末に敗れた)。レビーがいれば、ロシアW杯でもベスト8は夢ではない。波乱を起こすポテンシャルは十分にある。

 レバンドフスキの他に、世界最高のFWをあげるなら、ウルグアイ代表のルイス・スアレスは外せない。ゴール前での冷静さは驚くべきものだ。個人的にはレアル・マドリーにおけるカリム・ベンゼマが好きだ。得点するだけでなく、献身的な動きをしっかりしている。またイングランド代表のハリー・ケインの成長にも目を見張っている」

【次ページ】 ストライカーが今求められていること。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ミロスラフ・クローゼ
ロベルト・レバンドフスキ
ロシアW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ