野球のぼせもんBACK NUMBER

松田宣浩、4年ぶり先発落ちに発奮!
「ケンケン打法」が半足前で復活。 

text by

田尻耕太郎

田尻耕太郎Kotaro Tajiri

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/06/06 10:30

松田宣浩、4年ぶり先発落ちに発奮!「ケンケン打法」が半足前で復活。<Number Web> photograph by Kyodo News

松田宣浩は1983年5月17日生まれの35歳。本塁打を放った後にベンチ横で行う「熱男」パフォーマンスも健在だ。

ケンケンはタイミングが合った証拠。

 それでも、外に逃げる球にバットが届いたのは大きな収穫だった。工藤監督は何か閃いたのか、3日の試合では思いきって今季初めて3番スタメンに松田の名前を書き込んだ。

 やはり松田は千両役者だ。この試合で今季初の1試合2本塁打など、2試合続けての猛打賞を決めたのである。

「特に右方向へのホームランが良かったですね。あの感覚を結構大切にしているけど、今年はそれが出なかった。もともと引っ張り傾向のバッターなんですけど、ワイドに打てればバッティングの調子も上がってくる。別に狙っているわけじゃなくて、真ん中から外の球をしっかり強く打ったらアッチに行く。練習からやっていることが出来た」

 また、調子のバロメータという、空振りやファウルを打った際の「ケンケン打法」もこの日は何度も飛び出した。

「周りからもケンケンが出ていないと言われていたけど、あれはわざとやるもんじゃない。出ないと悪いと分かっているけど、意識してやろうとすると余計にバランスを崩してしまう。上半身と下半身のタイミングがあった時に自然に出るもの。だからいい感じじゃないですか」

「1年目や2年目のような気持ちになって」

 そして、松田は、スタメン落ちの意味を自ら振り返った。

「やっぱり、勝負の世界、結果の世界と改めて感じました。その中で4年間ずっと出させてもらっていたという自負はあります。でも、どこかで甘えになっていたかもしれない。慢心なんてないと思ったけど、もしかしたらあったのかもしれません。スタメン落ちした日はもちろん悔しかったけど、自分自身を見つめ直すチャンスを貰えた。もっともっと必死に、1年目や2年目の時のような気持ちになって次に出る機会があれば頑張ろうと思っていました」

 工藤監督は「松田の存在なしに、ホークスの今年の優勝はない」と言いきる。

 得意の交流戦で大型連勝スタートを決めて、首位との差もじわじわと縮まっている。いよいよホークスが底力を発揮してきた。上昇気流に乗ったタカはどこまでも高く舞い上がっていく。

関連コラム

BACK 1 2 3
松田宣浩
福岡ソフトバンクホークス
工藤公康

プロ野球の前後のコラム

ページトップ