球道雑記BACK NUMBER

プロ11年で一軍43登板の崖っぷち男。
ロッテの29歳・阿部和成が広島斬り。

posted2018/06/06 07:00

 
プロ11年で一軍43登板の崖っぷち男。ロッテの29歳・阿部和成が広島斬り。<Number Web> photograph by Kyodo News

阿部和成が試合の流れを引き寄せて、広島に勝ち越したロッテ。彼の野球人生はまだまだこれからなのだ。

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 野球人生を賭けたマウンド――。

 と、言ってもけっして大袈裟な表現ではなかっただろう。2018年6月3日、ZOZOマリンスタジアム。セ・リーグ首位の広島を相手に1勝1敗で迎えた3戦目。試合は序盤からの点の取り合いで、彼の出番は4回表、3-3の同点。なお1死満塁という窮地の場面で訪れた。

 ブルペンを出る際、ピッチングコーチの清水直行が一言だけ声をかけた。

「1人ずつ、しっかりな」

「はい」

 彼は小さく頷いた。グラウンドに出ると、三塁側のスタンドは相手のチームカラーで真っ赤に染まり、強い陽射しも重なって、まるで炎の中にぶちこまれたかのようにも感じた。

 それでも、不思議と緊張感はちょうどいい具合で収まっていた。

「思いっきりいくしかないな」

 心の中でそう呟くと、あとはストライクゾーン内で勝負することだけを意識して、目一杯、キャッチャーミットにめがけて投げ込んだ。

プロ11年間で一軍登板は43試合。

 阿部和成、29歳。

 昨年は2試合、一昨年は13試合、プロ11年間通算でも一軍登板は43試合しかない崖っぷちの右腕である。

 今季も開幕一軍入りこそ果たしたものの、一度も登板機会を与えられないまま、4日後の4月2日に一軍登録を抹消。オープン戦期間も一軍帯同を続けたがわずか2試合の登板で終わり、“一軍半の中堅投手”としては気持ちを保ち続けるのが難しい状況にあった。

 そんな彼に心のケアを施していたのが、今年から一軍ピッチングコーチとして加わった清水直行だった。

 オープン戦では3月3日の北海道日本ハム戦から3月23日の中日戦まで20日間、登板機会が開いてしまったが、その間、清水は、小林雅英ピッチングコーチ、または井口資仁監督に、阿部の出番を何度か願い出るなど阿部の気持ちを代弁した。もちろん他の投手達の球数や、登板間隔なども頭に入れながらだ。

【次ページ】 一軍と二軍を行ったり来たりする不安。

1 2 3 4 NEXT
阿部和成
千葉ロッテマリーンズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ