猛牛のささやきBACK NUMBER

オリ1年目、田嶋大樹はなぜ勝てる?
「鈍感だと長くはやっていけない」 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/05/31 11:15

オリ1年目、田嶋大樹はなぜ勝てる?「鈍感だと長くはやっていけない」<Number Web> photograph by Kyodo News

3月31日のソフトバンク戦で初勝利し、ルーキーながらもすでに5勝を挙げている田嶋。早くも実力を発揮している。

「僕ちょっと女性っぽいところがあるんで(笑)」

 その田嶋が、「夜は不安で眠れない」と言うから驚かされる。

「僕、夜になると人格変わるんですよ。めっちゃネガティブになってしまう。『勝たないと……。どうしようどうしよう』ってマジで不安で眠れない。やっぱり期待されてプロに入ってきて、即戦力、即戦力とめちゃくちゃ言われましたし、ずっと勝っていると勝ち続けないといけないという別のプレッシャーも出てきて……。

 部屋で1人になるとマジで寂しい。1人って寂しくないですか? 寂しさだけはコントロールできないので、いつも友達に『相手してよ』って電話するんです」

 その田嶋は最近、よく眠れるようになったそうだが、その不眠解消法が「アロマとクラシック音楽」だという。

「美容院で髪を切って、ヘッドスパをやってもらった時に、その部屋にアロマがたかれていてすごく落ち着く空間だったので、『これを作っちゃえばいいじゃん』と思ったんです。で、寮の部屋でそれを再現したら、めちゃくちゃよく眠れるようになりました。

 それに、無音で部屋にいると余計なことを考えてしまうけど、クラシックが耳から入ってくると何も考えなくなって落ち着きます。僕ちょっと女性っぽいところがあるんで(笑)」

“自分”を持っていてブレないグラウンドでのプロフェッショナルな姿と、繊細でイマドキな一面。そのギャップに面食らうが、どちらの田嶋も、うまくいかないことをどう解決しようかと試行錯誤するのを楽しんでいるようだ。

 今はまだ“田嶋ワールド”のほんの入り口。これからさらにどんな世界を見せてくれるのか、楽しみである。

関連記事

BACK 1 2 3
田嶋大樹
オリックス・バファローズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ