オリンピックPRESSBACK NUMBER

ケンブリッジ飛鳥のアリゾナ修行。
新フォームで織田記念に帰ってくる。

posted2018/04/28 07:00

 
ケンブリッジ飛鳥のアリゾナ修行。新フォームで織田記念に帰ってくる。<Number Web> photograph by Ayako Oikawa

アリゾナの地で、ケンブリッジ飛鳥は頼もしい仲間たちに囲まれている。ハイレベルのライバルが成長を加速させていく。

text by

及川彩子

及川彩子Ayako Oikawa

PROFILE

photograph by

Ayako Oikawa

「僕はほかの日本代表の選手たちのように、高校や大学でトップだったわけではないんです。いつもチームに僕よりも速い人がいて、彼らの背中を追いかけて。でも、『いつか勝ってやる』と思いながら練習してきた。でも今の練習環境にはそういう選手はいないので、じゃぁ海外に行こうかな、と思ったんです」

 ちょっと意外だった。確かにケンブリッジは、インターハイも全日本インカレも優勝経験はない。しかし大学時代からその才能を認められていた。「トップだったわけではない」という気持ちを持っていたことに驚かされた。

 おっとりとした口調のなかに強い意志とハングリー精神が感じられた。

海外志向が強く、ボルトのチームでも練習。

 昨年11月、ケンブリッジはアリゾナ州フェニックスにある陸上チーム「ALTIS (オルティス)」の門を叩いた。

 同チームにはリオ五輪100m、200m、400mリレーのメダリストで自己ベスト9秒91のアンドレ・ドグラス(カナダ)、昨年のロンドン世界陸上100mセミファイナリスト、400mリレー金メダルで、自己ベスト9秒96のCJ・ウジャ(英国)、ロンドン世界陸上200m5位のアミア・ウェブ(米国)などが所属。練習相手に不足はなかった。

 ケンブリッジは以前から海外志向が強く、日本大学時代には、自身の出身地でもあるジャマイカのウサイン・ボルトが所属するチームで練習したこともある。

 大学時代からケンブリッジを指導する渕野辰雄コーチも、ケンブリッジの挑戦を後押ししてくれた。「『たくさん学んでこい』と送り出してくれました」と笑顔で話す。

 昨年は、アメリカで迎えた初戦で追い風参考ながら9秒台を出したほか、ダイヤモンドリーグ上海大会、セイコーグランプリなどで世界のトップ選手と競い、経験を積んだ。

 6月の日本選手権は予選で10秒08の自己ベスト。準決勝でも組1位となる10秒10。決勝は足に違和感があったものの粘りの走りで3位に入り、ロンドン世界陸上の代表権をもぎ取った。

【次ページ】 世界陸上のリレー決勝には出られず。

1 2 3 NEXT
ケンブリッジ飛鳥
東京五輪
オリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ