プレミアリーグの時間BACK NUMBER

コンテとチェルシーの最終バトル。
CL逃せば“降格並み”という重圧。 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/04/28 11:30

コンテとチェルシーの最終バトル。CL逃せば“降格並み”という重圧。<Number Web> photograph by Getty Images

終盤戦も闘志満々の表情を見せるコンテ監督。その思いにチェルシーの選手たちは応えられるか。

補強不足を嘆いて選手の士気も上がらず。

 だからこそチェルシーは、前節バーンリー戦(2-1)で必死だった。バーンリーは降格候補の下馬評を覆し、EL参戦を夢見ている。その相手に、なんとか勝ち越した。

 試合後、指揮官はトップ4フィニッシュの可能性に触れた。2点差を逆転した前週サウサンプトン戦(3-2)に続く今年初のリーグ戦連勝に「この試合とサウサンプトンでの後半に見られた、勝利への意欲と結果を求めて戦う意志があれば……」と執念を垣間見せたのである。

 コンテは、その10日ほど前に別人のような発言をしている。ホームでウェストハムに引き分け(1-1)に持ち込まれた際には、「まるで今季そのもの。飽き飽きしている」と苦笑いを浮かべていた。これで4位トッテナムとの差は10ポイント差まで開いた。

 トップ4の望みに関しても、直接対決に敗れて8ポイント差となった時点で「事実上消滅」と報じたメディアの見解を否定しなかった。

「プロとして、最後まで全力を尽くすべき」という発言にしても、辞任であれ解任であれ、フロントとの確執で今季限りと理解されているコンテが自らに言い聞かせているように感じられた。

 コンテは思うように勝点を伸ばせなかった原因として補強不足を挙げている。今冬の移籍市場が閉まった後も、フロントのバックアップ不足を嘆き続けた。だが、たとえ戦力不足だったとしても、選手たちにすれば「力が足りない」と言われ続けるようなものでチーム内のモラルが上がることはなかった。ここ最近の記者会見での指揮官の様子は、芳しくないチームのムードそのものだった。

アザールも「偽9番」失敗に愚痴をこぼす。

 不協和音が漏れ聞こえたこともある。

 補強が後手に回ったポジションの1つがセンターフォワードだが、アーセナルから付け焼刃的に31歳のオリビエ・ジルーを獲得した後も、チェルシーは守備重視の“0トップ”で強豪に挑むことがあった。

 3月のシティ戦(0-1)では、エデン・アザールが「偽9番」で起用された。しかし虚しく頭上を行き来するロングボールを見送り続けることになり、「試合が3時間あってもボールには触れなかっただろうな」とこぼして、物議を醸した。

【次ページ】 モラタ、ウィリアンらも険悪ムード。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

アントニオ・コンテ
ロマン・アブラモビッチ
エデン・アザール
ウィリアン
アルバロ・モラタ
チェルシー

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ