欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

長谷部を重用、コバチ監督が一騒動。
タイミング悪すぎのバイエルン就任。

posted2018/04/20 11:30

 
長谷部を重用、コバチ監督が一騒動。タイミング悪すぎのバイエルン就任。<Number Web> photograph by Hidezumi Shimazaki

バイエルンとドルトムントの来季監督を予想する地元新聞。

text by

島崎英純

島崎英純Hidezumi Shimazaki

PROFILE

photograph by

Hidezumi Shimazaki

 フランクフルター(フランクフルト人の意味)が怒っています。

 2018年4月13日。バイエルンがニコ・コバチ監督との3年契約が合意に至ったことを発表しました。コバチ監督は現在アイントラハト・フランクフルトで3年目の指揮をしており、今季限りでフランクフルトを離れてミュンヘンへ向かう予定です。

 と、冷静に記してみましたが、僕の住むフランクフルトは今、大騒ぎです。地元の新聞が連日大見出しでコバチ監督やフランクフルト、バイエルンのニュースを報じているのはもちろんのこと、街中でも度々、地元民が「バイヤン(バイエルンの愛称)がウチの監督を強奪した!」と叫んでいるのを耳にします。

 僕のアパートから徒歩5分、普段は18時から営業開始なのにフランクフルトのゲームがあるときは14時からお店を開けちゃう酒場のママさんは、

「ニコはねぇ、ニット姿も良いけど、ブンデスで一番スーツが似合う男よね。ナーゲルスマン(ホッフェンハイム監督)なんて、なんか中途半端な半袖着ちゃってダサいでしょ。その点、ウチの監督は本当にダンディ。惚れ惚れしちゃう」

 なんて言っていたんですが、今頃は歯ぎしりしているかもしれません。

「ニコの野郎、裏切ったな!」って。

 恐ろしいので、まだその酒場には行けていません……。

ハインケス勇退後の後任探しが公に。

 そもそも今回のコバチ監督のバイエルン監督就任発表は、タイミングが悪すぎました。3月中旬に現在指揮を執るユップ・ハインケス監督の勇退が明らかとなり、バイエルンの後任監督探しが公になりました。

 今季、前人未到の6連覇を達成した盟主の指揮官ですから、そのプレッシャーと責任は計り知れず、その手腕が大いに問われるわけです。

 またバイエルンは今季途中にカルロ・アンチェロッティ監督を成績不振で解任し、かつてブンデスリーガ、DFBポカール、UEFAチャンピオンズリーグの三冠を達成したハインケス監督を再招聘した経緯もあり、今回はかなり慎重に指揮官の選定を進めていたはずです。

【次ページ】 クロップらの名前も候補に挙がったが。

1 2 3 4 NEXT
ニコ・コバチ
バイエルン
フランクフルト
長谷部誠

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ