Number ExBACK NUMBER

人気作家・東野圭吾が作り出した
夢の祭典「スノーボードマスターズ」。 

text by

秋月透馬(文藝春秋)

秋月透馬(文藝春秋)Toma Akizuki

PROFILE

photograph bySBM/Shigeki Yamamoto

posted2018/04/17 16:30

人気作家・東野圭吾が作り出した夢の祭典「スノーボードマスターズ」。<Number Web> photograph by SBM/Shigeki Yamamoto

ド派手なワンメイクが見所の「ストレートジャンプ」。滑っても飛んでも楽しい、スノボの魅力がたっぷり詰まった大会となった。

五輪代表が「技術的に未熟な部分を知った」。

 準優勝は、稲村樹。

 3位に入った平昌五輪代表の片山來夢の言葉が、印象的だった。

「平昌五輪が終わり、そのあとも、USオープンのハーフパイプで準優勝出来て、正直なところ、少し上手くなったんじゃないかと思っていました。ところが、SBMに参加して、ほかのスノーボーダーの滑りを目の当たりにして、技術的に未熟な部分を知ることができました。

 僕は、ハーフパイプだけじゃなくて、スノーボードすべての技術で上手くなりたい。この大会に参加したことで、無茶苦茶、刺激を受けましたね」

「大会を1年で終わらせるつもりはない」(東野氏)

 表彰式で東野氏は、選手たちにこう呼びかけた。

「私は、この夢のような大会を1年で終わらせるつもりはないんです。もう何度か、開催してもいいですかね! 来年も皆さんのエントリーを待っています」

 会場は大いに沸き、「賞金、もっと上げてー!」という声があがると、東野氏は笑顔で、「賞金はこのままで!」と答えていた。

 大会の運営に携わった五味克彦氏が振り返る。

「1年前に、東野さんから、『スノーボードへの恩返しとして、大会を開きたい』と提案いただき、そこから夢のような日々を送ってきました。

 雪の豊富な妙高高原だから、大会の開催は問題ないと思っていましたが、3月に入ってから気温が高い日が続き、雪がどんどん溶けて、大会の成立を危ぶんだこともありました。

 スタッフに相談したら、『毎朝4時起きで、最高のコースを作る』と言ってくれて、連日、雪を運んでくれました。彼らには本当に感謝しています」

 バンクドスラロームのコースを作り、維持するために、多い時には50人のスタッフが、泊まり込みで取り組んだという。

 プロスノーボーダーであり、全日本スノーボード技術選手権を6度制した宮崎郁美は、大会が盛り上がった要因を分析してくれた。

「出場した選手たちはみんな笑顔で、『楽しかった』『最高だった』と話していました。コースがとてもタフで、1つひとつのセクションのクオリティが高かったからです。技術がないと攻略できないコースを提示されると、私たちは、『ここを攻略してやろう』って思うんです。こんな気持ちになれた大会はこれまでありませんでした」

 大会のスピリッツは“草大会”。

 選手たちのレベルは、五輪に出場したアスリートに刺激を与えたほど、最高峰だった。

【次ページ】 もっとアスリートを“支える”情熱を!

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
東野圭吾
佐賀優輝
石田貴博
片山來夢
稲村樹
小川輝
広野あさみ
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ