Number ExBACK NUMBER

人気作家・東野圭吾が作り出した
夢の祭典「スノーボードマスターズ」。 

text by

秋月透馬(文藝春秋)

秋月透馬(文藝春秋)Toma Akizuki

PROFILE

photograph bySBM/Shigeki Yamamoto

posted2018/04/17 16:30

人気作家・東野圭吾が作り出した夢の祭典「スノーボードマスターズ」。<Number Web> photograph by SBM/Shigeki Yamamoto

ド派手なワンメイクが見所の「ストレートジャンプ」。滑っても飛んでも楽しい、スノボの魅力がたっぷり詰まった大会となった。

女子の部の優勝は、北海道から参加した佐賀優輝。

 深夜に雪が降り、早朝から気温も下がった大会2日目は、絶好のコースコンディション。フリーライディング、ジャンプでは、ハイレベルな技が披露された。

 女子の部で優勝したのは、北海道から参加したというプロスノーボーダーの佐賀優輝。

 準優勝は小川輝。3位には、オリンピアンの広野あさみが入った。

 東野氏から、優勝賞金100万が記されたプライズボードを渡されると、佐賀は、感激のあまり、涙を浮かべていた。

「こんな夢のような大会があることをフェイスブックで知って、興奮のあまり、深夜2時にエントリーしました。出場するのが楽しみで、今シーズンはたっぷりと滑り込んできたんです。最高のコースを楽しく滑っていたら、滑りが評価されて……感激しています」

 勝利の喜びをそう表現した。

 優勝賞金の使い道について、「ここ1週間で、東野圭吾さんの本を4冊読んでいました。この賞金を持って本屋さんに行って、東野さんの本を買い占めます。それでも、余ると思うので、そこから使い道を考えます」と笑顔で話した。

 バンクドスラロームで4位、総合ポイントで3位に入賞した平昌五輪代表の広野あさみは、大会の印象を振り返る。

「五輪で出場したスロープスタイルや、ビッグエアは空中にいる競技だから、今回のバンクドスラロームのように、ずっと板を雪につけて滑る競技は、問われることが全然違うと感じました。もしかしたら、オリンピックのときより楽しかったかもしれません」

男子優勝者は特別な大技を持つ石田貴博。

 男子の部で優勝したのは、「ビッグエア」「スロープスタイル」で五輪を目指していた、プロスノーボーダーの石田貴博。世界で初めて、トリプルバックフリップをメイクするなど、縦横のスピンを自在に操る日本屈指のライダーだ。前日の「バンクドスラローム」64位からの大逆転となった。

 得意とするジャンプで高得点を記録したうえ、フリーライディングでも評価を得て、初代のSBM王者に輝いた。

「自分だと思っていなかったので驚きました。こんな高額の賞金はもらったことがありません。200万円は貯金しようと思います」

 と、2児のパパらしい答えだった。

【次ページ】 五輪代表が「技術的に未熟な部分を知った」。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
東野圭吾
佐賀優輝
石田貴博
片山來夢
稲村樹
小川輝
広野あさみ
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ