テニスPRESSBACK NUMBER

大坂なおみが「クール」と認める男。
西岡良仁、大ケガからの逆襲なるか。

posted2018/03/28 07:00

 
大坂なおみが「クール」と認める男。西岡良仁、大ケガからの逆襲なるか。<Number Web> photograph by Getty Images

負傷から戦線復帰した西岡良仁。一気にランキングを上げるチャンスがあるのがテニスの面白さだ。

text by

山口奈緒美

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

PROFILE

photograph by

Getty Images

 開催中のマイアミ・オープン。錦織圭が3回戦でファンマルティン・デルポトロに2-6、2-6の完敗を喫したことは、2人それぞれの現状を踏まえれば予想できなくもなかったが、それでもやはりショッキングだった。時間はかかる。手首のケガでトータル5年もの間苦しんだデルポトロが、ネットの向こうからその覚悟を説いているように思えた。

 負傷による長期のツアー離脱から復帰後の歩みが、そうトントン拍子といかないのは錦織だけではない。

 昨年のマイアミで膝の靱帯を負傷し、ベッドの上からコートに戻って来るまで9カ月を要した西岡良仁。負傷の直前、絶好調だった昨年3月に稼いだアカプルコでのベスト8の110ポイントとインディアンウェルズ4回戦進出の98ポイントを、1年後のここで立て続けに失ったことで、1月の復帰時に166位だったランキングは現在374位になってしまった。

全豪でシード選手を撃破したが……。

「けっこうヤバいですね。このランキングだとチャレンジャー大会でも予選から出ないとダメだし、アメリカだとワイルドカードもくれない。下手するとフューチャーズまで落とさないといけなくなる。今後、どうやって大会を選んでいくか迷っています」

 インディアンウェルズ1回戦で世界ランク102位のマルコス・バグダティスに敗れたあと、そう話した。ブランクの間も「調子がいいときのイメージのまま止まっている」と驚くほどポジティブだった西岡も、さすがに前途に不安があるらしい。

 復帰後2大会目の全豪オープンでいきなり第27シードのフィリップ・コールシュライバーを破ってみせたときには、この調子なら66位というプロテクト・ランキングを使える間に、もといた場所へかなり近づけるのではないかと思えたものだ。

 プロテクト・ランキングとは、ケガにより6カ月以上戦列を離れた場合、最後に出場した大会から3カ月間の平均ランキングを、実際のランキングとは別に保有し、復帰後にそのランキングを使って大会エントリーができるというシステムだ。1年以内の離脱の場合、使用できるのは復帰から9カ月間、また上限は9大会とされる。

【次ページ】 デルポトロも1042位に落ちながら活用。

1 2 3 NEXT
西岡良仁
大坂なおみ
杉田祐一
ファンマルティン・デルポトロ
錦織圭

テニスの前後のコラム

ページトップ