JリーグPRESSBACK NUMBER

スアレスに殴られ蹴られて成長した男。
湘南スタイルの肝はアンドレ・バイア。 

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2018/03/27 11:00

スアレスに殴られ蹴られて成長した男。湘南スタイルの肝はアンドレ・バイア。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

湘南に所属して4年目。最終ラインを司るバイアは不可欠の存在だ。

スアレス、汚いんだ。ひじで殴ったり。

――いままででいちばん厄介だったストライカーは?

「ルイス・スアレス。ウルグアイのね。オランダのフェイエノールトにいるとき、アヤックスに所属していた彼と対戦したんだ。ウルグアイ人やアルゼンチン人は、敵がブラジル人となるとものすごく激しいプレーを仕掛けてくる。そこで勝ったり負けたりを繰り返すわけだけど、スアレスには何もさせてもらえなかった。汚いんだよね。ひじで殴ってきたり、何でもやってくるんだから」

――スアレス、やっぱりすごいんですね。

「もうひとりいるよ、手も足も出なかったのが。ロマーリオだ。プロデビューした17歳のときに対戦したんだ。それも、あのマラカナン・スタジアムで。試合前夜はほとんど眠れなかった。監督には“こう動いてくるから注意しろ”なんて言われたけど、成す術もなかった。まずマラカナンの大きさに圧倒されて、走り方すらよくわからないくらい舞い上がってしまったんだ。ロマーリオには、たしかハットトリックされたかな? 点数はよく憶えていないけど、とにかくやられた。ロマーリオもスアレスも、いまとなってはいい経験かな」

 柔和な微笑みを浮かべながら包み隠さず失敗談を語るのは、若き日の失敗を糧にしてきた自負があるから。

 歴戦の強者に殴られ、蹴られ、だまされながら、バイアはいいディフェンダーになった。この男なら、安心して財布を任せられる。

関連記事

BACK 1 2 3
アンドレ・バイア
湘南ベルマーレ
ルイス・スアレス
ロマーリオ

Jリーグの前後の記事

ページトップ