JリーグPRESSBACK NUMBER

ハマの守護神は小さくても守れます。
マリノス飯倉大樹の巧妙なGK技術。 

text by

岩崎龍一

岩崎龍一Ryuichi Iwasaki

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2018/03/22 11:30

ハマの守護神は小さくても守れます。マリノス飯倉大樹の巧妙なGK技術。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

ポステコグルー新体制で飯倉大樹の走行距離が話題となっている。それとともに本分のGKとしてのプレーも見逃せない。

「プレースタイルが一番ハマっている」

 相手の心を読むという点では、GKは心理学者と同じ素養が必要だ。

「相手が何を狙っているか。それが自分のフィーリングと合えば、シュートを打たれる前に間合いを詰めることもできる。予測、そこが僕の一番大事にしているところですね」

 今シーズン、マリノスは前オーストラリア代表監督のアンジェ・ポステコグルーを迎えて、大幅な戦術変更を行なった。驚くのは敷かれる最終ラインの高さだ。

 ハイラインの後方にできた広大なスペース。それをカバーするのが“フィールドプレーヤー”飯倉に与えられた新しい役目だ。だから立ち位置は常にペナルティエリアの外と、GKとしてはかなり異質なポジショニングを強いられる。

 しかし、飯倉はこれを意に介さない。

「足でのプレーですか。自分はGKである前に、1人のサッカー選手。難しいけど、いま自分のプレースタイルが一番ハマっている時かなと思います。楽しいですよ」

 ハマのゴーリーに与えられた新たなミッションは、見た目ほど簡単ではない。にもかかわらず飯倉は、それを何事もなかったかのように、当たり前にこなしている。

関連記事

BACK 1 2 3
飯倉大樹
横浜F・マリノス
松永成立
川口能活
榎本哲也

Jリーグの前後の記事

ページトップ