JリーグPRESSBACK NUMBER

風間監督に“恩返し”した鬼木監督。
川崎vs.名古屋は今後も名勝負必至。

posted2018/03/21 08:00

 
風間監督に“恩返し”した鬼木監督。川崎vs.名古屋は今後も名勝負必至。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

ボールを握っていく川崎と名古屋。両チームのスタイルがぶつかり合う一戦はスコア以上の魅力にあふれていた。

text by

いしかわごう

いしかわごうGo Ishikawa

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE PHOTOS

 今月8日、将棋の藤井聡太六段が師匠である杉本昌隆七段との「師弟対決」に勝利したことが話題となった。将棋界では師匠に勝つことを「恩返し」と呼ぶが、藤井六段はプロ入り1年半でそれを果たしたのである。

 サッカー界でも、注目の師弟対決があった。

 奇しくも藤井六段の地元・愛知で、だ。18日に行われたJ1第4節・名古屋グランパス対川崎フロンターレである。

 名古屋を率いている指揮官は、風間八宏。

 2016年まで約5シーズンにわたって川崎を指揮し、攻撃的なスタイルを築きあげた人物である。その風間の元でコーチを務めていたのが鬼木達だ。前任者のスタイルにさらなる上積みを加え、2017年にクラブ悲願となる初優勝を達成した。昨年は名古屋がJ2を戦っていたため、今回が初めてとなる師弟対決だった。

「目指しているものが同じようで違う」

 実は、かねてから鬼木監督に聞いてみたい質問があった。

 それは、チームのバトンを引き継ぐにあたって、風間監督から何か託されたメッセージがあったのかということだ。

 凡庸な疑問かもしれないが、「師弟対決」を迎えるタイミングならば適切かとも思い、この試合に向けた囲み取材の場で尋ねてみた。

 鬼木監督は「特別なことはなかったですよ」と前置きしたうえで、言葉を続けた。

「そんなに多くは語らないですけど、なんていうんですかね……風間さんがいつも話していたのは、自分の持っているものでやるということ。それは僕だけじゃなくて、いろんな人にそういう感じで伝えていたので、自分も自分らしさでやろうと思いました。それは去年1年で作り上げてきたつもりです」

 王者に輝いた昨年の鬼木フロンターレに、前任者のエッセンスが色濃く残っていたのは、周囲も認めるところだろう。ただ監督として2年目を迎え、風間監督のスタイルについても「お互いに目指しているものが、同じようで違う」と話す指揮官の口からは、新しいエッセンスを加えている自負も感じられた。

「自分たちは自分たちで試行錯誤しながらやってきました。攻撃もそうだし、守備もそうですね。それをプラスアルファして積み上げてきたと思っているので、そこは見せられればいいと思います」(鬼木監督)

【次ページ】 「相手は真っ向勝負で来た」(車屋)

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

風間八宏
川崎フロンターレ
鬼木達
名古屋グランパス
中村憲剛
谷口彰悟
車屋紳太郎

Jリーグの前後のコラム

ページトップ