ミックスゾーンの行間BACK NUMBER

中島翔哉はハリルJ救世主となるか。
「僕は海外向き」を証明できた理由。

posted2018/03/13 17:00

 
中島翔哉はハリルJ救世主となるか。「僕は海外向き」を証明できた理由。<Number Web> photograph by Getty Images

屈強な相手守備陣を切り刻む中島翔哉。日本代表の欧州遠征でもその絶好調ぶりを見せられるか。

text by

西川結城

西川結城Yuki Nishikawa

PROFILE

photograph by

Getty Images

 ここ数カ月、欧州はイベリア半島の端から痛快な活躍ぶりが伝えられている。

 ポルトガル1部に所属する日本人アタッカー、中島翔哉。昨夏にFC東京からポルティモネンセに移籍すると、3月11日までに9得点6アシストを記録。ゴール数とアシスト数を合算したポイントでは、現在欧州でプレーする日本人選手の中では、森岡亮太(アンデルレヒト)に次ぐ数字を残している。

 その活躍ぶりに注視するところも増えてきている。今冬には、ポルトガル移籍約半年にしてFCポルトをはじめとした国内強豪クラブや、ドルトムントなど国外有力クラブも獲得に興味を示しているといった現地報道も飛び出した。

「スタッフ間でも翔哉の評価は当然高い」

 さらに、遂にこの男もその存在を無視できないまでになってきている。日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督だ。

 中島について、こんなことを述べている。

「最近の中島はおもしろい試合をしている。瞬発力があって、あれほど相手を抜き去る選手はいない。直接彼をチェックするために、コーチを派遣する。これで3度目になる」

 また、2年前のリオデジャネイロ五輪代表監督時代に中島を指導し、現在日本代表コーチを務める手倉森誠氏もこう話している。

「代表に呼ぶか呼ばないかはもちろん監督の選択。ただ、スタッフ間でも今の翔哉の評価は当然高い」

 そんな声も受けてか、日本のサッカー世論では、この3月のベルギー遠征(マリ戦、ウクライナ戦)で中島の代表招集への期待が高まってきている。

【次ページ】 Jでは“空気の読めない”タイプだった。

1 2 3 4 NEXT
中島翔哉
FC東京
ポルティモネンセ
ルイス・スアレス

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ