欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

「貴史マジ変わった、すげー笑う」
原口元気と宇佐美、独2部からW杯へ。

posted2018/03/08 11:30

 
「貴史マジ変わった、すげー笑う」原口元気と宇佐美、独2部からW杯へ。<Number Web> photograph by Getty Images

原口(右)と宇佐美が同じクラブのユニフォームで戦っている。ロンドン世代を知るサッカーファンなら、これだけでも感慨深い。

text by

了戒美子

了戒美子Yoshiko Ryokai

PROFILE

photograph by

Getty Images

 新天地を探し出し、心機一転立て直しを図り、前向きな兆しを感じ始めたその矢先に、不可抗力のアクシデントに見舞われる……というのが、2018年に入ってからの原口元気の状況だ。

 そのアクシデントは予想外に大きく、タイミングとしても事態としてもたまったものではなかったが、今はそれも乗り越え、再び前進しようとしている。

 原口は冬の移籍市場でヘルタ・ベルリンを離れ、フォルトゥナ・デュッセルドルフに新天地を求めた。今季のヘルタでは苦難の連続で、リーグ戦で先発は2回のみ。しかも先発したうちの1試合ではラフプレーで一発退場している。

 出場機会の大幅減は契約延長を求めるクラブと、移籍を望む原口の間で確執が生まれ、感情的にこじれにこじれた結果だった。

 原口はいくつもの選択肢を検討した結果、2部での戦いを選択した。移籍からすでに時間は経っているが、当時の心境について率直に尋ねてみた。

2部への抵抗よりも、試合に出たい。

 自身にとってキャリア初となる2部への移籍、そのことに抵抗はなかったのか。

 原口は少しシニカルに笑い、こう答えた。

「いや、ないわけないじゃないですか。考えたことすらなかったし」

 質問に腹を立てるでもなく、理由を続けた。

「でも移籍を考えるなら、そこで試合に出なきゃいけない。W杯に向けてコンディションを上げられて、自分の良さを取り戻せるのはどこかなと考えて、いろんなクラブや監督たちと話した。その中で、このチームが一番必要としてくれた」

【次ページ】 「俺はまだ浦和には帰れない」

1 2 3 4 NEXT
原口元気
宇佐美貴史
フォルトナ
ロシアW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ