炎の一筆入魂BACK NUMBER

タナキクマルがいれば広島は安泰。
28歳の3人は若手の最高の教材だ。 

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/03/06 07:00

タナキクマルがいれば広島は安泰。28歳の3人は若手の最高の教材だ。<Number Web> photograph by Kyodo News

昨季は丸がMVPと最多安打、田中が盗塁王に最高出塁率、菊池も5年連続のゴールデン・グラブと多くのタイトルを獲得した。

次は“投手陣のタナキクマル”。

 タナキクマルの3人はチームに安定感をもたらす存在となった。彼らが健在である限り、このチームが大きく崩れることはないのではないか。そんな安心感を与えてくれる存在だ。

 だからこそ緒方孝市監督は、“投手陣のタナキクマル”台頭に期待する。

「田中がレギュラーをしっかりものにして、菊池と丸と攻守の柱ができた。投手陣も、去年経験を積んだ薮田(和樹)、岡田(明丈)、大瀬良(大地)がしっかりとローテーションで回って、そこに秋のキャンプから一軍を経験している若い投手がどれだけ出てくるか」

 クリス・ジョンソンや野村祐輔とともに柱となる投手の台頭。打線をしっかり支えるタナキクマルのような3本柱の台頭が、投手力安定の鍵を握る。

 3月に入り、全体練習に復帰した菊池と田中は日本代表に合流し、丸の遠投の距離も伸びている。チームの先頭にいる3選手の歩みはきっちりと、3月30日の開幕戦に向かっている。

関連記事

BACK 1 2 3
田中広輔
菊池涼介
丸佳浩
広島東洋カープ

プロ野球の前後の記事

ページトップ