“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

ポドルスキ、憲剛から何を学んだ?
神戸・小川慶治朗、25歳の脱皮宣言。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/02/23 07:00

ポドルスキ、憲剛から何を学んだ?神戸・小川慶治朗、25歳の脱皮宣言。<Number Web> photograph by Getty Images

走行距離やスプリント回数で注目されることが多い小川だが、テクニックも十分に高い。

浦和に移籍、岩波にも対抗心。

 小川は“自分らしさの檻”から抜け出す活路を見出した。あとはそれを実行し、新たな世界を見るのみ。25歳となった小川慶治朗の心は、ルーキーのときのように晴れやかかつ覚悟に満ちている。

「僕はもっと絶対的な存在にならないと。その一言に尽きます。だからこそ今年は一番考えないといけない1年になる。日々考えたことを公式戦で表現し続ける1年ですね」。

 自分の想いをひとしきり口にしきった彼は、最後に盟友への想いをこう口にして勝負の1年への“決意表明”を締めた。

「ジュニアユースの頃から長い付き合いだった岩波(拓也)は心機一転で浦和レッズに移籍をした。あいつは代表、海外移籍がずっと頭にあって、そのためには環境を変えないといけないという決断だった。それは凄いことだと思う。僕もあいつと一緒で当然代表入りを狙っていて、僕は“神戸から代表入り”、そして海外を本気で狙う覚悟を決めたんです。道は違うけど、覚悟は一緒。実現できるように頑張りたいと思います」

関連記事

BACK 1 2 3 4
ヴィッセル神戸
小川慶治朗
ルーカス・ポドルスキ

Jリーグの前後の記事

ページトップ