One story of the fieldBACK NUMBER

「サク越え」を数える意味はあるか。
元記者が伝えるキャンプ報道の裏側。 

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/02/15 16:30

「サク越え」を数える意味はあるか。元記者が伝えるキャンプ報道の裏側。<Number Web> photograph by Kyodo News

「サク越え何本」の陰には、バットを振る人間とそれを数える人間がいる。数字だけに意味があるわけではないのだ。

松坂のサク越えは森監督の演出?

 振り返ってみると、サク越えを数える中で選手の変化や、哲学や、人間性が見えてきたような気がする。伝えるべきことはいつもフェンスの向こうへ飛んでいく打球の、さらに向こう側にあったような気がする。そして、それは記者が現場でノートを「正」の字で埋め尽くした先に見えるものだ。

 ちなみに今年のキャンプ。ここまでの報道で最も気になった「サク越え」は中日ドラゴンズに加入した松坂大輔のものだ。

「松坂、ランチ特打で53スイング中2本のサク越え」

 これを読んで、森繁和監督の粋な演出を思った。

 松坂の場合、日々、ブルペンの球数に注目が集まる。張り切って飛ばしすぎれば、肩の故障に影響しかねない。そこで本業ではないバッティングで目立たせるべく、みんなの視線が集まる昼休みにメイン球場で打たせた――。これはあくまで憶測だが、そんな親心が透けて見えた。

 大事なことは「サク越え」の周りにある。私が編集者に伝えたかったのは、そういうことだった。

関連記事

BACK 1 2 3
松坂大輔
中日ドラゴンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ