Jをめぐる冒険BACK NUMBER

東京V・井上潮音が生まれ変わった。
技術の男が感じた「戦える選手に」。

posted2018/01/23 17:30

 
東京V・井上潮音が生まれ変わった。技術の男が感じた「戦える選手に」。<Number Web> photograph by Getty Images

テクニシャンタイプの井上潮音が強さを身につけたら……。自分に足りないところを発見できるのも国際大会の魅力の1つだ。

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph by

Getty Images

 試合に敗れたあと、もっと上手くなりたい、という感情が芽生えたことは、これまでに何度もある。

 しかしウズベキスタン戦を終えたとき、東京ヴェルディが誇る小柄な技巧派ボランチ、井上潮音の胸に去来したのは、これまでに抱いたことのない想いだった。

「もっと強くなりたいとか、もっと戦える選手になりたいとか、もっと走れるようになりたいとか……。そういう自分に足りないものを身につけたい、と強く思いました」

 中国で開催されているU-23アジア選手権。森保一監督率いるU-21日本代表のベスト4進出を阻んだのは、U-23ウズベキスタン代表だった。

 ウズベキスタンとは昨年12月、タイで開催されたM-150カップの決勝でも顔を合わせ、2-2からPK戦にもつれこんで敗れている。

ワンランク、ツーランク上に行くために。

 その試合にもボランチとして出場した井上が、終わったばかりの一戦を振り返る。

「みんな気持ちが入っていて、リベンジしたいという想いがあって試合に入ったんですけど。相手のほうが気持ちの部分をはじめ、すべての部分で上回っていたな、っていうのが率直な感想です」

 拙いビルドアップを狙われて前半のうちに3点を叩き込まれた森保ジャパンは、後半開始早々に4点目を決められ、そのまま0-4で大敗した。

 井上自身も相手の激しいプレスを前に、持ち前のオンザボールでのテクニックを思うように発揮できなかった。パスを受ける際に潰され、ボールを預けた味方が潰され、攻撃の組み立ても、ゲームをコントロールすることもできなかった。

 突きつけられた力の差――。

 それゆえに芽生えた、初めての感情だった。

「自分がワンランクも、ツーランクも上に行くために必要なことを、相手に教えられたと思います」

【次ページ】 2017年は怪我でサッカーを離れた時期が長かった。

1 2 3 4 NEXT
井上潮音
東京ヴェルディ
東京五輪
オリンピック

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ