SCORE CARDBACK NUMBER

井手口陽介のスペイン移籍先、クルトゥラルはどんなクラブ?~2022年のW杯に向けたカタールの巨大プロジェクト~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byKYODO

posted2018/01/19 06:00

井手口陽介のスペイン移籍先、クルトゥラルはどんなクラブ?~2022年のW杯に向けたカタールの巨大プロジェクト~<Number Web> photograph by KYODO

リーズへ完全移籍したものの、英国の労働ビザ取得基準を満たしていないため井手口はスペイン2部へと渡った。

 リーズの井手口陽介が半年間のレンタルでプレーすることになったクルトゥラル・レオネサは、スペイン2部のクラブであり、そしてカタールのクラブでもある。

 クラブの筆頭株主はカタールの国家的育成機関、アスパイア・アカデミー。200万ユーロ近い負債を抱え消滅の危機に瀕していたところを救ったのがカタール人たちだった。

 クルトゥラルは『カタールのカンテラ』とも呼ばれている。カタールの狙いは、欧州中に傘下のクラブを置き、そのネットワークを使い自国サッカーの強化につなげる、というもの。エウペン(ベルギー)やリンツ(オーストリア)に始まり、井手口が所属するリーズやスペインのビジャレアルなども提携関係にあり、クラブ間の協力体制が整っている。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

リーズ
井手口陽介
クルトゥラル・レオネサ
ガンバ大阪
ロシアW杯

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ