プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

「噛ませ犬」事件から35年が過ぎ――。
昭和の“革命戦士”長州力の現在。 

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2018/01/18 11:00

「噛ませ犬」事件から35年が過ぎ――。昭和の“革命戦士”長州力の現在。<Number Web> photograph by Essei Hara

老いたりとはいえ、その“革命戦士”としての目の輝きは変わらない。その闘争の遺伝子を、長州は果たして誰に伝えていくのか……。

試合が無い時期も、ずっと長州は道場で練習していた。

 あれから、35年。

 長州はメインに出場する6人の一番先に黒いTシャツ1枚でリングに上がった。主催者としてのゲストに対する心遣いなのだろうが、この行動は昔を知っている者にとっては驚きに近いものであった。

 シャツを脱ぎ捨てると、そこにはビルドアップされた肉体があった。よく見れば、その66歳という年齢を感じ取ることはできる。でも、よく張った筋肉に長州の気持ちが感じられた。試合がなくても道場での練習は続けてきたのだ。

 長州はまず藤波と手を合わせた。あれから何度、戦ってきただろう。

 2人とも、ひとつひとつはもうよくは覚えていないというが、真夏の40度以上のうだるようなリングで戦ったこともあった。

 もういいだろう、と思うこともあった。

 でも、すべては過ぎ去りし日々の記憶。

リキ・ラリアット、サソリ固めも繰り出した!

 長州は時計の針を、過去から現在に戻すと、唐突にリキ・ラリアットを思いっきり関本に叩き込んだ。ぶち当てた腕よりも、胸の筋肉に痛みが走った。それくらい勢いのあるラリアットだった。

 ロープ際だったが、サソリ固めも見せた。

 有無を言わさず、力ずくでひっくり返した。

 地味だと言われたスコーピオン・デスロックも、いつしかラリアットと並んで長州の代名詞になっていった。

 リングサイドでは日本サッカー界のレジェンドである釜本邦茂さんも笑顔で声援を送っていた。

【次ページ】 長州力の目は新日本プロレスの現場監督時代のように。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

長州力
飯伏幸太
伊橋剛太
藤波辰爾
関本大介
TAKAみちのく
新日本プロレス
アントニオ猪木

プロレスの前後のコラム

ページトップ