SCORE CARDBACK NUMBER

頂上対決を制したオカダ。防衛記録更新も見えてきた!?~新日本の太陽としての存在感が増してきた~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

posted2018/01/21 08:00

 戌年の戦い始め、東京ドームのど真ん中に立っていたのは、黄金色に染まったオカダ・カズチカだった。

 新日本プロレス恒例の1月4日・東京ドーム大会は、昨年より約9000人増の3万4995人の大観衆の前で行われ、IWGPヘビー級王者のオカダが、2017年度のG1覇者、挑戦者・内藤哲也を3発目の必殺レインメーカーで沈め、34分26秒の鮮やかなフィニッシュ。9度目の防衛を飾った。

 頂上対決を制したオカダは試合後、2年連続プロレス大賞MVPの内藤に、皮肉を込めて厳しいエールを贈った。

「内藤さん、内藤さん、東京ドームのメインイベント、どうだった? 最高に気持ちいいだろ。勝つのがもっと気持ちいいぞ。東京ドームのメインイベントでもう1回やろうぜ」

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

新日本プロレス
オカダ・カズチカ
内藤哲也

プロレスの前後のコラム

ページトップ