箱根駅伝PRESSBACK NUMBER

名監督だけど気分は「友達」!?
箱根4連覇目指す青学・原監督の心。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/01/01 09:00

名監督だけど気分は「友達」!?箱根4連覇目指す青学・原監督の心。<Number Web> photograph by AFLO

チャラチャラして見えるようでいて、裏では誰よりも努力しているのが……青学イズム。

青学にいれば勝てると思っているような雰囲気が!?

 そんな青学にとっても、さすがに箱根駅伝4連覇は簡単なことではなさそうだ。

 前哨戦の出雲駅伝、全日本大学駅伝ではライバル校の後塵を拝した。原の元で優勝を経験したOB2人は今年のチームをどう見ているのだろうか。

 青学は上級生でも寮内での飲酒は禁止だが、外で飲むぶんにはとがめられない。そうは言っても、レースでいい成績が出たときなどは別として、ほとんどの選手が飲酒は自制している。

 一色は、その点が気になると言う。

「SNSとか見ていると、今の上級生の現役選手はけっこう飲んでいる。どうなのかな、って思いますね。でも、そういうことは監督が言うことじゃない。学生が言わなきゃいけないこと。僕は卒業したんで、もう言わないです。今の2年生より上の選手たちは優勝しか知らない世代。入ってきた1年生が勘違いしてないか。そこが心配ですね」

 神野も似たような感想をもらした。

「僕らのときみたいに、自分の意志で動いている選手が少なくなってきた。いろんなことが当たり前になってきて、青学にいれば勝てるんじゃ、と思っているような雰囲気がある」

 両OBとも、母校愛ゆえ、見方が厳しめになってしまうのだろう。

「あの瞬間、がんばってきてよかったと思えましたね」

 神野が挙げた原にまつわる「忘れられないシーン」がある。4年時、連覇を達成した瞬間のときのことだ。

「ゴールして、監督を胴上げしたあと、4年生5人ぐらいを集めて、肩を抱いて、メディアの人に聞こえないように、下を向かせて『ありがとな』って言ってくれた。監督も、ものすごく不安だったと思うんです。あの瞬間、がんばってきてよかったと思えましたね」

 勝てば勝つほど、負けることの恐怖はふくらんでいくものだ。

 原も、表には出さないものの、相当のプレッシャーと戦っているに違いない。

 果たして、今年の4年生は、原の「ありがとな」を聞けるだろうか。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

原晋
一色恭志
神野大地
青山学院大学

陸上の前後のコラム

ページトップ