SCORE CARDBACK NUMBER

2度目のマラソン挑戦で3位。大迫の日本記録更新は近い。~歴代5位の2時間7分19秒、この才能はどこまで行くのか~ 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byKYODO

posted2017/12/31 16:00

2度目のマラソン挑戦で3位。大迫の日本記録更新は近い。~歴代5位の2時間7分19秒、この才能はどこまで行くのか~<Number Web> photograph by KYODO

終盤ペースを上げたロンドン五輪王者のキプロティクに食らいつき、39km付近でカロキを抜き3位となった大迫。

 男子マラソン界に待望久しい新星が現れた。12月3日の福岡国際マラソンで3000mと5000mの日本記録保持者である大迫傑が、わずか2度目のマラソン挑戦にして日本歴代5位となる2時間7分19秒をマークして、日本勢最高の3位に入ったのだ。

 スピードと粘りを共存させながら42.195kmを駆け抜けた。序盤から1km3分ペースでラップを刻んでいくと、集団がどんどん小さくなっていった25km以降もしっかりと上位に食らいつき、ペースが上がった30km以降は無理をせずに自分の走りをキープ。終盤はロンドン五輪金メダリストであるスティーブン・キプロティク(ウガンダ)と2位争いを演じ、最後はペースダウンしたものの堂々の3位に入った。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

大迫傑
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ