Number PLAYBACKBACK NUMBER

惨敗の日本男子バレー変革に挑む。
名コーチ・ブランの覚悟と指導法。 

text by

田中夕子

田中夕子Yuko Tanaka

PROFILE

photograph byAyumi Yamamoto

posted2017/12/28 08:00

惨敗の日本男子バレー変革に挑む。名コーチ・ブランの覚悟と指導法。<Number Web> photograph by Ayumi Yamamoto

現役、指導者として世界トップでの戦いを体感しているブランコーチ。彼の招聘によって日本は復権を目指す。

日本人の特性を生かすスペシャルプログラムがない。

 フランス代表監督を退いた後も、ポーランド代表のコーチを務めリオオリンピックに出場するなど、指導者としてキャリアを重ねたブランが新たに選択したのが全日本男子チームのコーチだった。とはいえ、就任前から日本に対する知識を豊富に持っていたわけではない。

「何人かの選手は海外でプレーしていましたから、見聞きしたことはあります。もちろん、(エースの)石川(祐希)がチームにとって重要なプレーヤーだ、ということも理解していました」

 練習に取り組む姿勢も真面目で、他の選手やスタッフとコミュニケーションを重ね、チームワークを重視する日本人選手は実に勤勉。きっと、日本はまだまだこれから強くなる可能性を秘めているだろう。そう称えた後、あえて1つだけ苦言を呈する。

「日本人の特性を生かすスペシャルプログラムがない。過去のことですから、あまり私が言及することではありませんが、日本人のように背が低く、パワフルでもないチームが世界で勝つために何を伸ばしていかなければならないのか。彼らの力に見合った練習方法や、指導方法、これ、という特筆すべきものがないことには正直、驚きました」

 東京オリンピックまでは、わずかに3年。ブランが「まだ3年もある、と言いたいが、実際は半分も時間がない」と笑うように、限られた中で何を強化すべきか。挙げればきりがないほど、課題は山積みだ。

中垣内監督も「非常に大きい力を与えてくれている」

 もちろん強化の矛先はシニア代表のみならず、育成年代も同様だ。

 東京オリンピックへ向けた強化の一環として、ナショナルトレーニングセンターで合宿が日常的に行われるようになり、男女共にユースやジュニアの強化もようやく視野が世界へ向けられるようになった。

 そんな今だからこそブランの存在は大きい、と中垣内監督も全幅の信頼を寄せる。

「国全体の強化に対する彼の知見は、我々に非常に大きい力を与えてくれている。東京オリンピックに向けた強化策を考えるうえでも、彼の経験が必ず役に立つはずです」

【次ページ】 グラチャンの最終合宿前に父が亡くなっても……。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

フィリップ・ブラン
柳田将洋
石川祐希
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後のコラム

ページトップ