マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

マウンドと傾斜が違うブルペンって。
野球が上手くなるための意外な視点。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2017/12/26 07:00

マウンドと傾斜が違うブルペンって。野球が上手くなるための意外な視点。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

阪神園芸が管理する甲子園のマウンドが常に一定なのは有名だが、日本中の球場がそのクオリティを維持できるわけではない。

新しい練習法の話で、野球指導者は真顔になる。

「先生、ウチ、ほんと怖いかもしれないですよ。おとといですよ、生徒がへんなこと言ってきたんですよ」

「おー、何よ?」

「ボール2個置ける“置きティー”ってないんですか? って」

 一瞬、みんな黙る。みんな考えている。

 呑む手が止まっている。

「僕もわからなかったんですよ。ボール2つ置くって、その意味が。そしたら、そいつが言うんです。『自分たちはみんな体が小さいんで、いい打球なのに内野手に捕られてしまう。振り抜く力が足りないんだと思います。実際に打つボールの前にもう1つボールを置いて、その奥のボールのほうを飛ばす意識でティーバッティングやったら、違ってくるんじゃないかって、みんなで話したんです』」

「お前んとこ、ほんま怖いわ……オレも帰ってなんか策考えな。こんなとこで、呑んでる場合ちゃうで」

 ベテラン指導者が「おくにの言葉」になっていた。

 わいわい語り合っていたみんなが、醒めた顔になって店を出て行く。

 野球のオフも、ぞくっとくるほど面白い。

 この国の野球は、ボールの音のしないこの時期に生まれているのかもしれない。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3 4

高校野球の前後の記事

ページトップ