Number PLAYBACKBACK NUMBER

男子バレー元エース33歳の新天地。
なぜ越川優はビーチに転向したか。 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byMakiko Nawa

posted2017/12/12 11:00

男子バレー元エース33歳の新天地。なぜ越川優はビーチに転向したか。<Number Web> photograph by Makiko Nawa

屋内コートからビーチへ。越川の決断は何より、五輪への想いの強さからだった。

転向3カ月目にして準決勝進出という異例の成果。

 8月26、27日に開催された「ジャパンビーチバレーボールツアー2017」第7戦で、越川は転向3カ月目にして準決勝進出という成果を挙げた。ビーチバレー関係者によれば、このスピードでの上位進出は異例中の異例だという。ペアを組んでわずか5日間で、今大会に出場することになった長谷川徳海(はせがわ・よしうみ/愛媛県競技力向上対策本部)は試合後にこう語った。

「細かい指示を出さなくても、僕の動きを見てトスを上げてくれる。合わないときには僕のプレーを見ただけで、なぜ合わないのかを感覚的に察することができる。何度もやりとりをしなくても、すぐに修正が完結するんです。そういう能力はすでにビーチのトップ選手と変わらないと思います」

 越川がインドアで培ってきたテクニック、洞察力、経験値は新しいステージでも彼の大きな武器となっている。

 東京が熱気に包まれるであろう3年後、越川は今よりももっと成長した姿を見せてくれているはずだ。

(Number臨時増刊号『ビーチバレーボール越川優「挑戦の連続が自分の信念」』より)

新生日本代表いざ、ロシアへ。

Sports Graphic Number 2017/9/15臨時増刊

新生日本代表
いざ、ロシアへ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

越川優
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後のコラム

ページトップ