バレーボールPRESSBACK NUMBER

昔はぽっちゃり、今は待望の大砲。
バレー大竹壱青がドイツで開花間近。 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byNoriko Yonemushi

posted2017/12/06 10:30

昔はぽっちゃり、今は待望の大砲。バレー大竹壱青がドイツで開花間近。<Number Web> photograph by Noriko Yonemushi

ブンデスリーガ1部の開幕戦では、全日本のチームメイト、柳田将洋のTVインガーソル・ビュールと対戦。3-0で勝利を収めた。

ドイツに行ってからは競った場面で決められる男に。

 常に自分の先を走る石川から受けた影響は数えきれない。プレーのアドバイスをもらうことも多く、大竹は石川のことを「コーチみたいな存在」と語っていた。

 その石川と大学生として共に戦う最後の大会、全日本インカレは、準決勝で筑波大に破れ4連覇はかなわなかった。3位決定戦で東海大に勝利し、3位で大会を終えた。

 大竹に辛口だった同級生の言葉は、大会中、少し変化した。準決勝進出を決めた試合後、4年の平田亮介はこう話した。

「以前は競り合った時にミスをしていたイメージがあったけど、ドイツに行ってからは競った場面で決めている。特にこの2戦は20点以降、全部決めていたんじゃないでしょうか。メンタル面の成長を感じます」

 それは全日本でも見えた大竹の課題だった。準決勝では勝負所で失点が出たように、まだまだ課題克服には至っていないが、ドイツで日々高いレベルでレギュラー争いをする中で勝負強さを身につければ、全日本にとっても大きな力になる。

 インカレ終了の翌日、大竹は再びドイツへ旅立った。

「やっぱり日本はいいな」と後ろ髪を引かれながらも、「スタメン目指して頑張ります。ウィリアムズに勝たないと話にならないので」と力強く言った。

 今年は怪我のリハビリのため全日本を離れていた清水も、V・プレミアリーグでは存在感を発揮し首位のチームを牽引している。来年は、ドイツでさらにプレーと精神力を磨いた大竹との、新旧オポジットによるハイレベルなポジション争いを期待したい。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大竹壱青
柳田将洋
石川祐希

バレーボールの前後のコラム

ページトップ