バレーボールPRESSBACK NUMBER

昔はぽっちゃり、今は待望の大砲。
バレー大竹壱青がドイツで開花間近。 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byNoriko Yonemushi

posted2017/12/06 10:30

昔はぽっちゃり、今は待望の大砲。バレー大竹壱青がドイツで開花間近。<Number Web> photograph by Noriko Yonemushi

ブンデスリーガ1部の開幕戦では、全日本のチームメイト、柳田将洋のTVインガーソル・ビュールと対戦。3-0で勝利を収めた。

「甘いプレーがあると、年下にも怒られます」

 また大竹は、自分より若い選手たちのプロ意識に刺激を受けたと言う。

「やっぱり覚悟が違いますよね……」と現時点での差を認めた。

「バレーだけで生きていく、というのは彼らからすごく伝わってきます。僕が甘いプレーをしたり、悪いところがあったら、年下の選手にも怒られます。バレーボールに対する熱は本当に熱い。練習中から簡単にミスは出せないですね」

 大竹は大学卒業後、V・プレミアリーグの企業チームに所属する。来季以降も海外でプレーする可能性はあるが、その際はレンタル移籍のような形式になる。プロ選手と違い、たとえ海外で結果を残せなくても帰る場所があるということ。「そこは自分の中で甘えにならないようにしたい」と肝に銘じている。

「自分が海外でやりたいと思ったのは、全日本でしっかり活躍したい、全日本を強くしたいという気持ちがあったから。だからここに来ているので、それを忘れないようにやっていきます」

石川祐希の存在があったから、大竹が伸びた。

 ドイツで予想以上にたくましく環境に適応しながらも、大竹はふとこうもらした。

「今ここにいるのって、奇跡じゃないかな」

 海外リーグでプレーすることなど、以前の大竹には想像できなかった。

「中央大学に入っていなかったら、今の大竹壱青はなかったと思う」と言う。

 中でも大きかったのは、同級生で全日本のエースでもある石川祐希の存在だろう。

 どの大学に進むか悩んでいた時、「石川が壱青と一緒にやりたがっている」という話を伝え聞き、中央大進学を決めた。大学1年の時、石川がイタリア・セリエAのモデナに短期移籍したことで、海外への興味が湧いた。ミドルブロッカーから、ずっとやりたかったオポジットへの転向も、石川が背中を押した。

【次ページ】 ドイツに行ってからは競った場面で決められる男に。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大竹壱青
柳田将洋
石川祐希

バレーボールの前後のコラム

ページトップ