ミックスゾーンの行間BACK NUMBER

本田、岡崎、香川とハリル戦術。
それぞれの相性を今一度検証する。 

text by

西川結城

西川結城Yuki Nishikawa

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2017/11/22 17:00

本田、岡崎、香川とハリル戦術。それぞれの相性を今一度検証する。<Number Web> photograph by Getty Images

2010年代の日本代表は本田、香川、岡崎のトライアングルでゴールを脅かし続けてきた。その前線に歴史的転換点が訪れつつある。

小林、森岡よりも井手口と長澤を先発させる嗜好。

 香川同様に、10月シリーズに招集された小林祐希も選出外となった。そして同タイプとして選出された森岡は、ブラジル戦とベルギー戦ともに途中出場。一方で先発メンバーとして監督が選んだのは井手口であり、ベルギー戦で先発した体の強さが魅力の長澤和輝だった。

 ハリルホジッチの嗜好は、もはや明らかである。

 これまで日本サッカーのメインストリートには、常に技術に長けたセンスフルな選手たちがいた。現代表では、香川がその代表格。しかし現状のハリルスタイルは、彼らのようなタイプが得意とするプレーとは一線を画している。

 フィジカルサッカーへの舵切り――。香川にとっても、ここからが正念場となってくるだろう。

BACK 1 2 3 4 5
ヴァイッド・ハリルホジッチ
本田圭佑
岡崎慎司
香川真司
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ