サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

引いて守るなら、カウンターが必要。
日本の攻め手を消したベルギーの策。 

text by

らいかーると

らいかーるとRijkaard

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2017/11/16 17:50

引いて守るなら、カウンターが必要。日本の攻め手を消したベルギーの策。<Number Web> photograph by Getty Images

アジアでは鉄壁の安定感を誇った大迫勇也のポストプレーも、このレベルでは普通に潰されてしまう。カウンターのバリエーションが必要だ。

引いて守るならば、カウンターの方法も磨かなければ。

 以下独り言。

 日本がベルギーのゴールに迫った場面のきっかけは、セットプレー、相手のミス、相手陣地でボールを奪ったとき、ボール保持攻撃であった。それぞれを磨いていくのが手っ取り早そうではある。

 撤退守備で相手に対抗する場合は、自陣でボールを奪ったときも一気に相手のゴールに迫るようなカウンターができないと、延々と相手に攻撃を許す展開になってしまう。この試合では相手の切り替えの速さと、不明だったカウンターのデザインの有無によって、なぜ撤退守備をしているのかがわからなくなっていった。世界の強豪を相手にある程度は守れるけれど、守ったあとの攻撃が全然では、ポイントを取ることはできないだろう。

 相手陣地での連動したプレッシングの時間を長くするか、撤退守備からのカウンターを磨くかが、本大会で鍵になってきそうだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
ヴァイッド・ハリルホジッチ
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ