“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

浦和→代表→海外のはずが……。
19歳伊藤涼太郎、J2水戸で再出発。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2017/10/20 10:30

浦和→代表→海外のはずが……。19歳伊藤涼太郎、J2水戸で再出発。<Number Web> photograph by Takahito Ando

1年目の時にイメージしたプロ生活とは違うかもしれない。それでも伊藤はまだ序列を一気に好転させるポテンシャルの持ち主である。

森保さんが五輪監督になって、新たなチャンスが。

 東京五輪とレッズでのレギュラー。将来的に二兎を掴みとるためには、出られない理由と向き合い、自己研鑽を怠らないことが求められる。

「すべての想いを晴らすために水戸に来ましたし、東京五輪の監督が森保一さんになったので、新たなチャンスが来ていると思っている。

 今の俺は、同年代の選手達には絶対に負けたくない気持ちはあるけど、彼らにどんどん追い抜かれているという現状。今はもう大きな差があると思うので、東京五輪までにどれだけその差を埋めて、水戸で成長してレッズに戻れるか。信頼される存在となってレッズに戻って、(レッズで)どんどん試合に出て追い抜いていきたい」

 青いユニフォームを身にまとった伊藤涼太郎は、その中に赤き血を煮えたぎらせながら、確固たる未来予想図を片手に握りしめ、水戸の地でリスタートを切っている。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

伊藤涼太郎
浦和レッズ
水戸ホーリーホック

Jリーグの前後のコラム

ページトップ