セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

爆買い補強でもミランは低空飛行。
モンテッラ解任危機を救うのは誰? 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/10/06 08:00

爆買い補強でもミランは低空飛行。モンテッラ解任危機を救うのは誰?<Number Web> photograph by AFLO

10代にして頭角を現しつつあるクトローネ。モンテッラ監督の現役時代を想起させるゴールセンスは、指揮官を救うことになるか。

「4強はローマとユーベ、ナポリとインテルだ」

 次節の相手は、未だ負けなしで意気上がる3位インテルとのミラノ・ダービーだ。現実に直面するモンテッラの表情は青ざめている。

「この夏、ミランは多くの補強をして、周囲からのお世辞や褒めそやす声が絶えなかった。我々はこれに油断してしまった。相手よりいいサッカーをして勝つ、なんてことがつねに許されるほど、イタリアのサッカーは甘くない」

 ローマ時代の古い戦友カンデラは、非情に言い放つ。

「今季の4強? ローマとユーベ、それにナポリとインテルで決まりだ」

“爆買い”の夏の間、巷では「今季のミランにプレッシャーはない。伸び伸びとプレーできるからスクデット争いのダークホースになれる」という声を盛んに聞いた。

 しかし、300億円も費やした挙句、もし4位にも入れなかったら? イタリアでは確実に末代までの恥、未来永劫物笑いの種だ。

 今はまだ300億円をかけた寄せ集め集団にすぎないミランが、チームとして1つになれるか。

 代表ウイーク明けのミラノ・ダービーは、ミランと監督モンテッラにとって早くもシーズンの山場だ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
ACミラン
ビンチェンツォ・モンテッラ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ