バレーボールPRESSBACK NUMBER

大学最後の冬を石川祐希はどう戦う?
イタリアでのプレーは夢への第一歩。 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/10/01 09:00

大学最後の冬を石川祐希はどう戦う?イタリアでのプレーは夢への第一歩。<Number Web> photograph by AFLO

22歳にして3度目のイタリア挑戦。今度こそ石川はセリエAで確たる実績を残そうと意気込んでいる。

「バレーボールに対してどれだけ身を削れるか」

 一方、石川は、「卒業後も海外でプレーしたい」という意志は固めているものの、プロとして行くのか、Vリーグのチームに所属しながら行くのかはまだ表明していない。

 昨シーズン、海外のプロ選手とともにプレーする中で思いはプロへと傾いたが、「大竹みたいな判断をする可能性もゼロではない」と言う。

「自分はバレーボールを一番に頑張りたいと思っているので、それができる環境を選択したい。まだ考えている途中ですけど、プロ意識というのは常に持ちつつやっていきたいと思います」

 石川の考えるプロ意識とは、「バレーボールに対してどれだけ身を削れるか、入り込めるか」だと言う。

 石川は10月1日に日本を発ち、ラティーナでリハビリを続け復帰を目指す。

 日本のエースは今季、どんなシーズンを送り、どのような決断をくだすのか。怪我からのスタートとなってしまったが、「いずれは海外のトップレベルのチームでスタメンを獲り、そのリーグを制する」という夢に向けた第一歩のシーズンとなることを祈りたい。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

石川祐希
武智洸史
大竹壱青
中央大学

バレーボールの前後のコラム

ページトップ