ニッポン野球音頭BACK NUMBER

後藤武敏、CS進出への密かな想い。
「松坂と対戦したいなあ。それが夢」

posted2017/09/15 07:00

 
後藤武敏、CS進出への密かな想い。「松坂と対戦したいなあ。それが夢」<Number Web> photograph by Kyodo News

今季は後半戦まで初安打はお預けだったが、その長打力と人柄はベイスターズに欠かせない。

text by

日比野恭三

日比野恭三Kyozo Hibino

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 今年の春、Number本誌「松坂世代」特集の取材のため、土居龍太郎に会って話を聞いた。

 高知高校のかつてのエースは、高知商業・藤川球児、明徳義塾・寺本四郎とともに“高知三羽ガラス”と呼ばれ、その後進んだ法政大学でも、早稲田の和田毅、立教の多田野数人、慶應の長田秀一郎と並んで“東京六大学BIG4”の一角を担った。

 自由獲得枠でベイスターズに入団したが、実働3年間で手にした勝利は1つだけ。現在は横浜でリフォーム業に身を投じる土居は、苦戦のプロ生活の背景にイップスがあったことを明かしてくれた。

 トレードでマリーンズに移籍し、一軍の登板機会はないまま2007年限りで引退。球界を離れて10年目になったいまも、プロ野球中継には自然と目が向くという。

「やっぱり横浜のことは気になります。あとは同級生。同い年の選手は気になりますよね」

土居に影ながら応援される男、“ごっちゃん”。

 そして、「その中でも」と1人の名前を挙げた。

「一緒にチームメイトになったメンバー、特に“ごっちゃん”なんかはね。いま(4月)はまだファームにいますけど、どこかのタイミングで上がってこないかなって。陰ながら応援してます」

 土居が“ごっちゃん”と呼ぶのは、G.後藤武敏のことだ。

 同じく松坂世代の1人として横浜高校の甲子園春夏連覇を経験し、法政大学で土居と4年間を過ごした。やはり自由獲得枠でライオンズに入り、2011年オフ、ベイスターズへトレード移籍。2人の人生は、微妙な距離を置いて交錯する。

 土居の名前を出すと、後藤は言った。

「たまに連絡をもらいますし、ファームの試合を見に来てくれたこともありました。『同級生ががんばってるのが励みになる』って言ってくれるんですよ。そういう言葉もぼくの中で支えになってる」

【次ページ】 小池正晃に助言をもらい、不安を打ち消して。

1 2 3 NEXT
後藤武敏
横浜DeNAベイスターズ
土居龍太郎
松坂大輔

プロ野球の前後のコラム

ページトップ