バスケットボールPRESSBACK NUMBER

Bリーグ1年で最も成長したチーム。
個性と成熟、ジェッツが求める両極。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/07/27 11:00

Bリーグ1年で最も成長したチーム。個性と成熟、ジェッツが求める両極。<Number Web> photograph by AFLO

千葉ジェッツはSNSなどファンサービスも多彩なチーム。船橋アリーナは千葉の新たな名所になっている。

小野も、富樫も、石井も1年で見違えた。

 キャプテンの小野龍猛は、シーズンの最後にこう話した。

「天皇杯では優勝しましたし、シーズンの最後の方はチームとしての完成度もすごくあがってきました。そこは胸を張っていいところだと思います」

 ポイントガードとしてチームを牽引する富樫勇樹の言葉もポジティブだ。

「レギュラーシーズンの結果は東地区3位でしたけど、以前は差があったアルバルク(東京)や栃木とも、互角かそれ以上の戦いを出来ました。チームとしても個人としても、本当に成長できた1年でした」

 シューティングガードの石井講祐は、チームの進化を体現する存在かもしれない。29歳という年齢ながら、1年で見違えるほどの成長を見せた。

「外れたら、自分を使ったコーチが悪いと思え」

 ヘッドコーチの大野は現役時代はシューターだった。その経験を踏まえて、石井にこう声をかけ続けてきた。

「打てるチャンスが来たら、とにかく打て。外れたかどうかは気にするな。シュートが外れても、自分を使っているコーチが悪いと思っていればいいんだ!」

 大野はその意図について、こう説明する。

「シューターとして1年間シュートを打ち続けることで、見えるものがあるんです。その上で、足りないものに気づき取り組んでいく。もちろん彼には他のことも出来ると思いますが、チームメイトに依存する部分があってもいい。そうすることがチームとして相乗効果を生むんじゃないか、と考えていました」

 石井の3P成功率は、シーズン通算で41.8%を記録した。200本以上の3Pシュートを放った選手のなかで堂々のリーグ2位。石井はその理由を教えてくれた。

「ボールをもらいにいく前の動作が、シュートを狙うための動きになってきました。しかも、たとえそこでシュートを打たなくても、きれいにパスがつながったりする場面も多くて、数字に表れない部分でも貢献できたと思います」

 石井は、こんな興味深い指摘もしている。

「シーズンの初めのころは、なんで勝ったのか、なんで負けたのかがわかっていない感じもあったんです。でもシーズンが進むにつれ、『自分たちの強みはこれだ』とはっきり認識するようになりました。だから、チームはだんだんと強くなったと思います」

【次ページ】 選手の個性を尊重し、役割を明確にする。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

千葉ジェッツ

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ