炎の一筆入魂BACK NUMBER

専門学校卒の星・一岡竜司。
広島で輝く、庶民派のド根性右腕。 

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/07/13 17:00

専門学校卒の星・一岡竜司。広島で輝く、庶民派のド根性右腕。<Number Web> photograph by Kyodo News

今季はすでに29試合に登板しており、安定的にチームを支えている。広島の連覇には一岡の活躍は必須条件である!

「だから1試合1試合に全力を尽くすんです」

 巨人時代に二軍を主戦場にしていた1人の若手投手は今、広島の地で貴重な中継ぎ投手にまで成長した。

 エリート街道とはほど遠い道のりを歩んできた右腕は、立場が変わっても決して驕ることはない。

 国産車に乗り、ブランド品も身につけない。遠征先で私服が足りなくなったときには、ファッションセンター「しまむら」で調達する庶民派だ。

「派手にしようとしても、僕は派手にならないですから。いつ野球人生が終わるか分からない。だから1試合1試合に全力を尽くすんです」

 そんな生き方こそ一岡竜司であり、プロを目指す専門学生の道標となるのかもしれない。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
一岡竜司
又吉克樹
広島東洋カープ
読売ジャイアンツ
大竹寛
今村猛
中崎翔太
中田廉
大瀬良大地
九里亜蓮

プロ野球の前後の記事

ページトップ