月刊スポーツ新聞時評BACK NUMBER

「実はおちゃめ」森繁和監督を読む。
プチ鹿島5月のスポーツ新聞時評。 

text by

プチ鹿島

プチ鹿島Petit Kashima

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/05/31 17:30

「実はおちゃめ」森繁和監督を読む。プチ鹿島5月のスポーツ新聞時評。<Number Web> photograph by Kyodo News

「とんでもないことが起きるかもな……」と最下位からの逆襲をほのめかしたこともある森監督。まだまだ諦めてはいない!

「ありがとサンデー」と喜び溢れる紙面のデイリー。

 阪神が好調で、デイリーのゴキゲンな見出しも続く。

 5月15日「ありがとサンデー6連勝 福留 貯金10 ありがと3年ぶり」

“ありがとさん”が弾んでる。

 5月18日「1球で4連笑 高山 V撃」「増えまくり貯金12!! 首位快走2.5差」「原口1カ月ぶり弾 先制3号ソロ」

 この日の名物コラム『松とら屋本舗』のタイトルは「半信半疑」。

 現在の強さに関して「だから今は半信半疑というか……いや、疑より信のほうが少しだけ大きいだろうか。」

 浮かれまいとしながらも、幸せを隠しきれない感じ。

 コラムの最後は、スマホで「半信半疑」を検索して「は・ん・し・ん・は・」と打ったら、「半信半疑」の次に多かったのが「阪神原口」というのがオチだった。やっぱり嬉しそうな様子がにじみ出てる。

 このあと、

 5月25日「顔面死球 鳥谷 流血交代」「病院直行……連続試合出場ピンチ」

 というアクシデントがあるが、

 5月26日「鼻骨折も強行出場 鳥谷バットマン 不死身G倒」

 鳥谷はフェースガードを着用し、6回代打で連続試合出場継続。「地鳴りのような大歓声」。

 推し球団が調子のいいスポーツ紙はにぎやかで、眺めてるだけでも勢いが伝わってくる。6月も続くのか?

悲報、ため息……トーチュウの暗い紙面。

 さて続いては『東京中日スポーツ』(以下=トーチュウ)を見てみよう。

 阪神とは対照的に中日ドラゴンズは開幕から苦しいスタート。トーチュウはその苦闘ぶりをどう伝えたか。

5月5日「竜逆転負け 12球団ワースト11度目」「4連敗今季最多借金8」

5月6日「竜また勝ち星が……ポロリ」「すべて逆転負け5連敗」

 5日の巨人戦に2-3で敗れ、中日は今季ワーストタイの5連敗。本文は「またしても、ぬか喜びだった。」という“悲報”からはじまる。「5試合すべて先制しながらオール逆転負けだから、やるせない。」というため息が聞こえてきそうな行間。ああ。

【次ページ】 負け試合でもファンが読みたくなる「推しスポーツ紙」。

BACK 1 2 3 4 NEXT
中日ドラゴンズ
阪神タイガース
森繁和
梅野隆太郎
金本知憲

プロ野球の前後の記事

ページトップ