森繁和 

17件中 1 - 17件を表示
プロ野球監督になるなら公立校へ!?PL出身の監督が1人しかいない理由。

“Mr.ドラフト”の野球日記

プロ野球監督になるなら公立校へ!?
PL出身の監督が1人しかいない理由。

「名選手名監督にあらず」と言われるが、今年の12球団監督を見ると選手として実績がないのは栗山英樹(日本ハム)、小川淳司(ヤ… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2018/07/05

中日のカリビアンはなぜ活躍できる。チーム内の国境を越えたファミリア。

草茂みベースボールの道白し

中日のカリビアンはなぜ活躍できる。
チーム内の国境を越えたファミリア。

5月19日の中日-阪神戦(ナゴヤドーム)では、3人のカリビアンがお立ち台を占拠した。オネルキ・ガルシア。来日1年目の左腕は、… 続きを読む

小西斗真Toma Konishi

2018/05/24

その瞬間、竜も虎も1つになった。「松坂の22球」が起こした奇跡とは。

草茂みベースボールの道白し

その瞬間、竜も虎も1つになった。
「松坂の22球」が起こした奇跡とは。

メジャーリーグの表現を借りるなら、4月19日の松坂大輔の敗戦は「タフ・ロス」ということになる。直訳すれば不運な負け。日本の… 続きを読む

小西斗真Toma Konishi

2018/04/26

松坂大輔、岩瀬仁紀、そして闘将。1月のプロ野球界は中日が席巻!?

月刊スポーツ新聞時評

松坂大輔、岩瀬仁紀、そして闘将。
1月のプロ野球界は中日が席巻!?

1月のスポーツ新聞は、中日ドラゴンズがぶっちぎりの優勝と言っていい。まずはこちら。 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2018/01/31

2017年の中日は臥薪嘗胆だった……。京田陽太、大野奨太から反撃開始だ!

プロ野球PRESS

2017年の中日は臥薪嘗胆だった……。
京田陽太、大野奨太から反撃開始だ!

イバラの道はまだ続いてしまうのか――。2004年から8年間で4度のリーグ優勝に輝き、憎らしいまでの強さを見せた中日は、今や低迷… 続きを読む

伊藤哲也Tetsuya Ito

2018/01/04

岩瀬仁紀が歩んだ苦難の950登板。見栄とも娯楽とも無縁の野球人生。

プロ野球PRESS

岩瀬仁紀が歩んだ苦難の950登板。
見栄とも娯楽とも無縁の野球人生。

鉄腕左腕にまた新たな勲章が加わった。8月4日の巨人戦。9回に守護神の田島慎二が同点に追いつかれ、なお2死一、二塁の危機。背番… 続きを読む

伊藤哲也Tetsuya Ito

2017/08/07

「実はおちゃめ」森繁和監督を読む。プチ鹿島5月のスポーツ新聞時評。

月刊スポーツ新聞時評

「実はおちゃめ」森繁和監督を読む。
プチ鹿島5月のスポーツ新聞時評。

先月のこの連載コラムで、「たまには巨人ファンは『デイリースポーツ』を、阪神ファンは『スポーツ報知』をチェックしてみるとよ… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2017/05/31

なぜ中日はこんなに弱くなったのか。日本ハムの苦境とは全く意味が違う。

プロ野球PRESS

なぜ中日はこんなに弱くなったのか。
日本ハムの苦境とは全く意味が違う。

原点回帰――。至ってシンプルな四字熟語が、森繁和監督が舵を取る新体制発足の今季のチームスローガンだった。 続きを読む

伊藤哲也Tetsuya Ito

2017/05/02

最初の5年は天国、後の5年は地獄。浅尾拓也、肉体改造から復活を期す!

プロ野球PRESS

最初の5年は天国、後の5年は地獄。
浅尾拓也、肉体改造から復活を期す!

観客も報道陣もまばらな中日の二軍、読谷球場のブルペン。背番号「41」は周囲の視線を一切気にすることなく、遮二無二、腕を振っ… 続きを読む

伊藤哲也Tetsuya Ito

2017/03/02

“監督やGMのようなもの”で自滅。中日ベンチ内で、一体何があった?

プロ野球亭日乗

“監督やGMのようなもの”で自滅。
中日ベンチ内で、一体何があった?

監督のようなものにGMのようなもの……「のようなもの」が跋扈して中日はシーズン途中で空中分解した。 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2016/08/22

森繁和の心の奥には根本陸夫が――。中日に実力派ドミニカンが集まる理由。

プロ野球PRESS

森繁和の心の奥には根本陸夫が――。
中日に実力派ドミニカンが集まる理由。

ドミニカ共和国への出発前。森繁和ヘッドコーチのスーツケースにはぎっしりと“お約束”の品々が詰め込まれている。 続きを読む

伊藤哲也Tetsuya Ito

2016/06/21

プチ鹿島、9月のスポーツ新聞世相。MVPは桐谷美玲(元ラグビー部マネ)。

月刊スポーツ新聞時評

プチ鹿島、9月のスポーツ新聞世相。
MVPは桐谷美玲(元ラグビー部マネ)。

今月はなんといってもラグビーの第8回ワールドカップ(W杯)イングランド大会から。9月19日の1次リーグB組初戦で日本代表は世界3… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2015/09/29

初采配にして色濃く見えた“谷繁流”。「1点の野球」は強竜を甦らせるのか。

野球クロスロード

初采配にして色濃く見えた“谷繁流”。
「1点の野球」は強竜を甦らせるのか。

広島との開幕カードで1勝2敗。成績だけで判断すれば、中日のスタートダッシュは失敗した。特に開幕戦は、ファンにとって悔やんで… 続きを読む

田口元義Genki Taguchi

2014/03/31

課題は世代交代とペナント奪回。谷繁新監督のキャンプの1日。~強竜復活へ正捕手は譲らない~

NumberEYES

課題は世代交代とペナント奪回。
谷繁新監督のキャンプの1日。
~強竜復活へ正捕手は譲らない~

気温23度、快晴。沖縄県北谷町の2月1日は、例年よりかなり暑かった。谷繁元信にとって26度目のスプリングキャンプだが、過去と決… 続きを読む

渋谷真Makoto Shibutani

2014/02/20

<プロフェッショナル対談> 権藤博×森繁和 「修羅場を制する投手論」

Sports Graphic Number

<プロフェッショナル対談> 権藤博×森繁和 「修羅場を制する投手論」

エースをどう起用し、いかなる継投を行なうか。短期決戦で勝敗を大きく左右する投手の使い方を、参謀そして監督として数々の修羅… 続きを読む

永谷脩Osamu Nagatani

2013/10/09

栗山vs.吉井、高木vs.権藤……。野手出身監督と投手コーチの宿命。

プロ野球亭日乗

栗山vs.吉井、高木vs.権藤……。
野手出身監督と投手コーチの宿命。

これは永遠のテーマなのかもしれない。日本ハムの吉井理人投手コーチが今季限りで退団することになった。理由は栗山英樹監督との… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2012/11/13

<クローザー魂を継ぐ者> 浅尾拓也 「“伝説”を超えてゆけ」

Sports Graphic Number

<クローザー魂を継ぐ者> 浅尾拓也 「“伝説”を超えてゆけ」

目指す地平は限りなく遠いのかもしれない。だが、今季は何度も可能性を見せた――。守護神の正統後継者として期待される男の、優… 続きを読む

鈴木忠平Tadahira Suzuki

2011/12/02

ページトップ