Number PLAYBACKBACK NUMBER

ラグビーW杯、過密日程、主将論。
堀江翔太と立川理道が語り尽くす。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byTomoki Momozono

posted2017/05/05 08:00

ラグビーW杯、過密日程、主将論。堀江翔太と立川理道が語り尽くす。<Number Web> photograph by Tomoki Momozono

ひょうきんな表情を浮かべる堀江(左)と立川。しかし日本ラグビーへの話に及ぶと、言葉の一つ一つから真摯な姿勢が伝わった。

2人のリーダーが見たジャパンの進化と問題点。

――スタッフが替わっても「ジャパン」としてのカルチャーは受け継がれてますか。

立川 選手の中で根づいてきた感じはあります。考え方や意識の高さをそのまま引き継いで、高い基準を保てている気がします。

堀江 プライドを持って、死に物狂いでやる感じが残ってるね。エディーさんの時は『ハードワーク』って言葉で表現されてたけど、ジョージア戦で攻め込まれたとき、みんな必死なのが感じられたから。

立川 ウェールズ戦、30対30の同点になったときも、舞い上がらずに自分の仕事にフォーカスしようと話したんですが、みんな落ちついていて、不安そうな顔をしてる選手はいなかった。

堀江 チームとして自信が出てきたんだと思う。それは日本代表のステイタスが上がって、周りからの見られ方も変わったから。初めてジャパンに選ばれたときは、パナソニックのチームメイトで「まあ、行ってらっしゃい」とか軽い感じの人もいたけど、今は気持ちよく送り出してくれる。

立川 トップリーグのどこのチームもそうなったんじゃないですか。

堀江 それに今回のチーム、メンバーが入れ替わったにしても、チームとしてひとつになるのが、めっちゃ速かったんちゃう? 昔から集まってたような感じがしたけどな。

立川 ワンチーム。いい言葉ですよね。

W杯を経験した人間がいないとアカンと思った。

――一方でW杯の中心メンバーが辞退するなど、ファンとしてはさびしい気もします。休みたい、と思ったことはありませんか。

堀江 たしかにしんどいですし、試合数が多かったので、ちょっとありましたかね。

立川 トップリーグで見てたら、堀江さん疲れてるな、と思ったこと、ありましたよ。

堀江 ホンマ? あかんね(苦笑)。でも、最後に自分を突き動かしたのは、W杯を経験した人間がいないとアカンと思ったことです。なんたって日本代表ですから。日本ラグビー界のトップチームで、こういうオジサンが選ばれてうれしい、と言えるようなチームじゃないとダメでしょ。

立川 僕は今、モチベーションしかない。'15年のW杯を経験したからこそ、'19年につなげていきたいし、燃えつきたとか、そんな感覚はないんですよ。

堀江 ハルは、バンバン試合出て、グングン伸びてるもんな。

【次ページ】 リーチさんが代表来たら、タンク満タンになるはず。

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

堀江翔太
立川理道
サンウルブズ

ラグビーの前後のコラム

ページトップ