Number PLAYBACKBACK NUMBER

ラグビーW杯、過密日程、主将論。
堀江翔太と立川理道が語り尽くす。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byTomoki Momozono

posted2017/05/05 08:00

ラグビーW杯、過密日程、主将論。堀江翔太と立川理道が語り尽くす。<Number Web> photograph by Tomoki Momozono

ひょうきんな表情を浮かべる堀江(左)と立川。しかし日本ラグビーへの話に及ぶと、言葉の一つ一つから真摯な姿勢が伝わった。

W杯までの時間ってあまり残されてないんですよ。

――どのあたりが適正値なんでしょうか。

堀江 全体の8割、32試合でもキツいかな。

――だったら、25試合から30試合とか?

堀江 それだと、だいぶコンディションは良くなるでしょうけど、年齢的なこともあるので、やれる選手はバンバンやってもいいと思うんですけど。

立川 トップリーグのチーム事情にもよります。僕はクボタに戻ったら、やっぱり休めない。うまく調整できるのはSR。登録人数の問題はありますが、レベルの高い選手は揃っているので、若い選手がどんどん試合に出たら、みんな成長すると思います。

堀江 みんなが出来ることをすればいいよ。それを代表につなげていく。今回の遠征では、自分たちがやらなければいけないラグビーを理解する。それが1週ごとに出来てきた手応えがある。

立川 たぶん、W杯までの時間ってあまり残されてないんですよ。今回の欧州遠征はチームのキーワードや選手たちのキャラクターを理解して、「代表って、こういうものなんだ」って基盤を作れれば成功といえるでしょう。

(Number916号『堀江翔太 立川理道 2019年までの二人三脚』より)

ジェイミー・ジャパン誇り高き出航。
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5 6

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

堀江翔太
立川理道
サンウルブズ

ラグビーの前後のコラム

ページトップ