沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

GI昇格大阪杯で武豊7勝目なるか。
キタサンに思い出す、ある名馬。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/04/01 08:00

GI昇格大阪杯で武豊7勝目なるか。キタサンに思い出す、ある名馬。<Number Web> photograph by Kyodo News

追い切りで力強い動きを見せたキタサンブラック。'16年は2着に終わった同レースで、GI通算4勝目を目指す。

史上初のGI全制覇に向けて「大阪杯男」の腕が鳴る。

 武は、GIIだった大阪杯で、昨年まで史上最多となる6勝をマークしている。'88年フレッシュボイス、'90年スーパークリーク、'93年メジロマックイーン、97年マーベラスサンデー、'98年エアグルーヴ、2014年キズナ。すべてGI馬だ。

 その6勝とも、GIのようなメンバーで(だから昇格したのだが)、クリークやマックイーン、キズナなど、ブラック同様負けるわけにはいかない馬で結果を出してきた。

「日本を代表する馬です」

 武はブラックのことを、敬意をこめて、何度もそう言っている。

 春は、大阪杯、天皇賞、宝塚記念というローテーションで、秋の凱旋門賞に1次登録するようだ。

 武は、史上初のJRA・GI全勝まで、残るは朝日杯フューチュリティステークスのみ、というところまで来ていたが、今年からホープフルステークスと、この大阪杯がGIに格上げされたことにより、残り3つとなった。「大阪杯男」の名にかけて、ここはぜひとも片づけておきたいところだろう。

昨年のダービー馬マカヒキは状態が上向いてきた。

 スーパークリークには、同い年のオグリキャップ、1歳上のイナリワンという、強くて、個性豊かなライバルがいた。それも1980年代後半の熱い競馬をさらに盛り上げる要因になっていた。

 キタサンブラックのライバルたちも、負けず劣らず強力だ。

 大阪杯の出走メンバーでは、やはり、昨年のダービー馬マカヒキ(牡4歳、父ディープインパクト、栗東・友道康夫厩舎)との初対決が見ものだ。

 大敗した凱旋門賞と、3着に終わった前走の京都記念の末脚には「らしさ」がなく心配になったが、この中間で状態はかなり上向き、本来の力を発揮することができそうだ。

【次ページ】 京都記念を制したサトノクラウンもパワーアップ。

BACK 1 2 3 NEXT
キタサンブラック
武豊
マカヒキ
サトノクラウン

競馬の前後の記事

ページトップ