野ボール横丁BACK NUMBER

点を取られるのが早実のペース。
清宮が「こら勝った」と思った瞬間。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2017/03/24 18:00

点を取られるのが早実のペース。清宮が「こら勝った」と思った瞬間。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

9回2アウト、投手がゴロを捕球しそこねて清宮幸太郎に打順が回った時、甲子園がどよめいた。周囲の願望を現実にした瞬間だった。

「こら勝った」と勝利を確信した瞬間。

 そうして、2点差で迎えた9回表。9番・野田優人のタイムリーで3-4と1点差に詰めたが、2アウト一塁から2番・横山優斗がピッチャーゴロを打ち、万事休すかと思われた。ところが、明徳のエース北本佑斗が捕球し損なう。その瞬間、清宮はこう思ったという。

「こら勝った、と思いました」

 土壇場で清宮に打席が回ったことで、スタンドがどよめく。早実は、ここから2連続四球を奪い、同点に追いついた。

 明徳を率いた監督の馬淵史朗は振り返る。

「ピッチャーのマウンドでの態度を見て、フォアボールを出しそうな雰囲気やった」

 数分前まで明徳のものだと思われた流れは、完全に早実に傾いていた。

 10回に1点を勝ち越し、5-4で迎えた10回裏、早実は、パスボールで2アウト二塁のピンチを背負う。すると、監督の和泉はバッテリーにこう叫んだ。

「簡単に行けよ! テクニック使っちゃダメだぞ!」

 相手がどんなに緻密な野球をしかけてきても、それに乗って野球を複雑化させない。早実の真骨頂だった。3人目の投手の石井豪は、落ち着いてショートゴロに打ち取り、ゲームセット。

明徳の方が「うまいっス」と清宮は言った。

 清宮は明徳をこう讃えた。

「ノックを見ててもうまいですし、行き届いた野球。自分たちにはないよさがたくさんある。でも、野球は勢いとか、雰囲気とかもある。そこで優ったんだと思う」

――ノックを見てて、相手の方がうまいと思った?

「いや……見てりゃ、わかるじゃないですか! うまいっス、うまいっス」

 だが、試合になれば、早実はそんなことはまったく気にしなかった。

 接戦には無類の強さを誇っていたはずの明徳の馬淵は試合後、こう力なく笑うしかなかった。

「日頃の行いが悪いかもわからんな。ははは……」

 明徳の「完成」された野球が、そもそもそれを目指さない不完全な野球によって綻んだ。

関連記事

BACK 1 2
早稲田実業高校
明徳義塾高校
清宮幸太郎

高校野球の前後の記事

ページトップ