“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

市船、Jリーグ、代表でもライバル。
杉岡大暉と原輝綺、18歳の物語。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2017/03/15 11:30

市船、Jリーグ、代表でもライバル。杉岡大暉と原輝綺、18歳の物語。<Number Web> photograph by Takahito Ando

U-20日本代表での原(左)と杉岡(右)。ライバルがいると、ひとりの練習でも手を抜けないので、慢心することもできなくなる。

高校、Jリーグ、そしてU-20日本代表でも……。

 3月7日から8日までの2日間で行われたU-20日本代表候補合宿。

 5月に開催されるU-20W杯に向けてのメンバー選考の最終段階に入ったこの合宿に、原はもちろん、杉岡も選出された。

 FC東京とのトレーニングマッチでは、原がボランチ、杉岡がCBの、2年前のインターハイと同じ配置で、共に後半から出場。高校選手権以来、初めて同じピッチに立った。

 すでにボランチのレギュラーとなった原は、安定したプレーを見せ、杉岡もCBとして安定した守備力と左足のフィードを披露していた。連係も極めてスムーズで、この試合の完封勝利に貢献。杉岡にとっても手応えを掴める合宿となった。

「湘南で試合に出られれば、必然的にこっち(U-20日本代表)にも来られるなとは思っていたので、それが出来て良かった。チャンスが来たので、しっかりと掴みたいと思います。もうアジア予選(AFC U-19選手権)の時のような悔しい思いは絶対に味わいたくない」

 そう語る表情には、すでに高校生のあどけなさは残っていなかった。

「原は何でも出来るというか、身体能力が高くてキックも蹴ることが出来る。本当にバランスの取れたいい選手だと思います。だからこそ僕は原を信頼していますし、絶対に負けたくない存在だとも思っている。僕らには強いつながりがあって、お互いが良さを引き出し合える存在だと思いますし、同時に強烈なライバルでもあります。体格もほぼ同じで、ポジションも似ているので、やっぱりあいつが上手くなっていると、『俺も負けられない』という気持ちになる。どちらかが上に行けば、またどちらかが上に行くと言う感じで、本当にいつまでも安心させてくれない存在でよかったと、心から思います」

高校時代と変わらぬ関係をプロでも続けられるケース。

 杉岡と原。

 高校卒業後も2人のライバル関係は非常に良好で、プロになり高いレベルでの切磋琢磨となった今もお互いがかけがえの無い存在になっている、珍しい例だ。

 U-20日本代表合宿の最後に、原が杉岡に対する想いを明かしてくれた。

「開幕戦の後にすぐ杉岡からLINEが来ました。内容は『CKのマーク以外は良かったよ』と(笑)。1つCKの守備でミスをしたので、『あれはちょっとやらかした』と返しました。今日一緒にプレーしてみて、やっぱり杉岡は気持ちが通じるので、ビルドアップやコントロールの面ではやりやすさがありました。そこは市船と良い意味で変わっていないなと感じました。

 僕にとっても杉岡は凄く大きな存在だし、ライバル。杉岡がゴールを決めたときは、正直『俺も負けられない』と思いましたし、同期として意識せざるを得ない存在で、ずっとコンビでやっていた分、これからもライバル視をしていかざるを得ない存在だと思っています」

 信頼出来るライバルの存在こそが、成長への大きな原動力であることを、杉岡大暉と原輝綺の成長は、はっきりと示してくれた。

 その関係は、これからもずっと変わらないはずだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
市立船橋高校
杉岡大暉
原輝綺
湘南ベルマーレ
アルビレックス新潟

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ