オリンピックPRESSBACK NUMBER

ケンブリッジ飛鳥が語る「プロと夢」。
2017年中にまず9秒台、そして……。 

text by

細江克弥

細江克弥Katsuya Hosoe

PROFILE

photograph byNIKE JAPAN

posted2017/02/23 11:30

ケンブリッジ飛鳥が語る「プロと夢」。2017年中にまず9秒台、そして……。<Number Web> photograph by NIKE JAPAN

リオ五輪での銀メダル獲得を経て、プロ転向へ。ケンブリッジの眼力からは秘めた自信を感じさせた。

自分の得意な“中盤から後半”をもっと伸ばす。

――結果的にタイムを縮めるために埋めなければならない“世界との差”は、どんなところにあると感じていますか?

「レースの中盤にあると思います。僕は後半を得意としていて、確かに、国内で見れば後半の力はそれなりにある。けれど、世界で見れば、後半に特別な強さを持っているわけではありません。これまでは課題であるスタートを改善するためのトレーニングを積んできたんですが、少し考え方が変わってきたところがあって」

――どのように?

「むしろ中盤から後半にかけて、自分の得意な部分をもっと伸ばすことができれば、世界と勝負できる可能性はあるのかなと」

――苦手を克服するより、得意を伸ばす。

「はい。もうちょっと身体を大きくしてパワーをつければ、中盤からの加速力もついてくるのかなと思います」

今年の目標は9秒台、世界陸上の決勝。そして……。

――可能性を感じることができれば、設定する目標や夢も変わってくるのでは?

「そうですね。今年の目標は9秒台を出すこと。それから、世界陸上のファイナルに残ることです。その次の夢は、五輪で、今度は個人種目でメダル争いができるようになりたい」

――東京五輪での、個人種目のメダル。

「もちろん今の実力では、まだまだダメです。ただ、ずっとオリンピックに出場することを目標としてきたのですが、それを経験した今、次のオリンピックの目標が『ファイナル進出』ではちょっと小さいかなと。だから、次はメダル争いができる選手になりたい。100メートルと200メートル、個人種目でメダルを狙えるような選手に」

――寝る前のイメージトレーニングも、一層盛り上がりそうですね。

「実は最近、イメージする舞台が“五輪の予選”から“五輪のファイナル”に変わっているんです。もちろん僕が勝ちます。イメージの中では(笑)」

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5 6
ケンブリッジ飛鳥
ウサイン・ボルト
ジャスティン・ガトリン
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ