オリンピックPRESSBACK NUMBER

ケンブリッジ飛鳥が語る「プロと夢」。
2017年中にまず9秒台、そして……。 

text by

細江克弥

細江克弥Katsuya Hosoe

PROFILE

photograph byNIKE JAPAN

posted2017/02/23 11:30

ケンブリッジ飛鳥が語る「プロと夢」。2017年中にまず9秒台、そして……。<Number Web> photograph by NIKE JAPAN

リオ五輪での銀メダル獲得を経て、プロ転向へ。ケンブリッジの眼力からは秘めた自信を感じさせた。

僕の場合、ピークを合わせるという感覚は全くない。

――それだけギリギリの戦いだったということですよね。

「もう少し速く走れた気がするんです。だから悔しい……。でも、改めて考えると、オリンピックの舞台で、一瞬でも金メダルを意識できたこと自体、本当にすごいことだと思うんです。リレーの決勝で、アンカーで、バトンをもらった瞬間、すぐ隣にボルト選手がいる。前には誰もいない」

――聞いているだけで鳥肌が(笑)。

「いやあ、本当に。今振り返っても、すごい経験をさせてもらったと思います」

――それにしても、100メートルはわずか10秒の一発勝負。その瞬間にコンディションのピークを合わせる作業は、本当に難しいのではないかと思うのですが。

「他の選手のことは分からないんですが、僕の場合、ピークを合わせるという感覚は全くありません。というより、レースの当日に不安に感じたり、『調子が悪いな』と思ったことがほとんどなくて」

僕、走る時だけはなぜか緊張しないんですよ。

――それって、舞台に関係なく? さすがに、オリンピックの舞台ともなれば少し違うのでは?

「あ……」

――どうしました?

「僕、全く緊張しないんですよ」

――全く?

「ゼロです。実は、今までも大会で緊張したことがなくて。高校のインターハイ、大学のインカレ、日本選手権、五輪もそうなんですけど」

――それって、アスリートとしては大きな強みですよね?

「そう思います」

――ちなみに、例えば「明日300人の前で講演を」と頼まれたら?

「それはダメです(笑)。そういうのは全く別モノで、なぜか走る時だけは緊張しないんです。気持ちは高ぶっているんですけど、楽しさが勝るのか、『ダメだったらどうしよう』と考えたことがなくて。だから、試合のほうがなぜかラクなんですよ」

【次ページ】 “9秒台”が“9秒7台”の相手になった五輪準決勝。

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT
ケンブリッジ飛鳥
ウサイン・ボルト
ジャスティン・ガトリン
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ